コースのご案内

心理カウンセリングコース

組織で働く人の行動や心の動きを心理学からのアプローチで解き明かし、
抱える問題の解決を援助できる人材を育成します。

働く人へのカウンセリング力を身につける

こんな方にお薦めです

心理カウンセリングに興味がある方
メンタルヘルスの知識を使い仕事をしたい方
心理学系の大学院に進学し、心理カウンセラーをめざしたい方
POINT1 学べる内容

心理カウンセラーに必要な心理学、カウンセリングの体系的な理論と手法、マネジメントの知識を習得します。

POINT2 身につく能力

組織で働く多くの人が活躍できるように、心という側面から支援できる能力や、自らも組織の中で良好な人間関係を築ける方法を学びます。

POINT3 めざせる資格

心理学の基礎を学ぶことで、将来大学院に進学し、臨床心理士資格をめざす道が開けてきます。

Student’s VOICE

人材派遣会社勤務 石川 嵯希子 さん

「相手理解」に努めることで、仕事を円滑に進められるようになりました

【入学の目的・理由】
人材派遣会社に勤務し、登録されているスタッフと派遣先企業のコーディネイトを担当しています。たとえばスタッフさんとの面談では、人柄や強みなどを限られた時間の中で把握し、マッチングの良い企業を見極めることが重要になります。そこで身につけたいと常々感じていたのが、相手を理解するスキルでした。産業能率大学の心理カウンセリングコースを選んだのは、心理学からのアプローチで働く人を支援するコミュニケーション方法やカウンセリング技術を学べるからです。2年間で卒業できる3年次編入学が可能だったことも、入学の後押しになりました。



【受講した感想】
学んだことは職場で実践していますが、すぐに変化を実感しました。これまでは面談でも、履歴書に記入された内容に頼りがちで、コミュニケーションも事務的だった気がします。しかし現在は、先入観のない眼をもって向き合い、早い段階から本音で話ができる信頼関係を築くことができています。相手を深く理解することで、寄り添うスタンスで仕事を進められるようにもなりました。スクーリングではカウンセラーとして経験豊富な先生が指導してくださいますし、入会した東京心理学生会でも仲間と切磋琢磨して勉強できることが、成長のスピードを速めてくれていると思います。

3年次配本科目について

<卒業にあたって、3・4年次に必要な単位数は、62単位です。3年次の配本は36単位分配本しています。>
※「○:通学形式のスクーリング」「◆:iNetスクーリング」です。特設スクーリングも開設しています。

4年次配本科目について

コース以外の専門科目、基礎科目の中から36単位まで自由に選択できます。
科目については、こちらをご参照ください⇒「カリキュラムの全体像(大学)」

Faculty’s VOICE

自分らしく健やかに働くには、物事の考え方や見方を変えること。

組織で働くことは、価値観の異なる人との協働を意味します。思い通りにならないのが当たり前の環境の中で、自分らしく健やかに働きつづけるには、物事の考え方や見方を変えるメンタルヘルス・マネジメントが必要です。実践できるようになれば、自分のメンタルを健全に保てるようになり、他者のメンタルも気遣えるようになります。そして身につけた知識やスキルは、組織マネジメントにも有効です。ともに学び、明日を変えていきましょう。

産業能率大学総合研究所 研究員
産業能率大学兼任教員
社会デザイン学修士
産業カウンセラー・キャリアアドバイザー 

高田 靖子