コースのご案内

医療・福祉マネジメントコース

医療・福祉の分野で求められるマネジメントの知識や技法を現場で活用し、
組織や経営に貢献できる人材を育成します。

医療・福祉機関のコア人材を目指す

こんな方にお薦めです

リーダー職や管理職へのキャリアアップを目指す方
職場改善や人材育成に従事される方
経営戦略やマーケティングなどの知識を習得したい方
POINT1 学べる内容

医療・福祉の分野で役立つ専門科目を設け、人材マネジメント、リーダーシップ、経営戦略、マーケティングなど幅広く学習できます。

POINT2 身に付く能力

マネジメントの知識や技法を実践の場で活用できる力、チームによる活動をリードできる力、仕事を効果的に推進する力を養います。

POINT3 活かせるステージ

医療機関の看護部門や総務部門など、介護福祉団体の運営部門やスタッフ管理部門などでの主任や管理職が考えられます。

Student’s VOICE

看護師 関 清華 さん

今日学んだことを、明日すぐに使える通信教育課程です。

入学の目的・理由
看護の専門学校を卒業後、病院での勤務を経て現在は訪問看護に従事しています。キャリアを積み重ねていけば管理者になる可能性もありますし、マネジメントや経営について勉強しておいた方がいいと上長からアドバイスされたことが、産業能率大学の通信教育課程を知るきっかけになりました。マネジメントの知識や技能を学べる科目が多彩だったこともありますが、専門学校で学んだ履歴が単位として認定されて3年次に編入学できること。そして、良心的な学費なので月謝を支払う感覚で学べるところに魅力を感じたことも、入学を決めた理由です。


受講した感想
学んでみた感想としては、とにかくおもしろいし楽しいです。スクーリングでの先生によるわかりやすい解説のおかげですが、「経営学とは企業の医学です」という言葉が強く印象に残っています。病院や働く看護師にも経営の観点が必要と実感しました。今日学んだ知識を明日すぐに使えるのは大きな魅力だと思います。たとえばコーチングの授業内容は、患者さんとの関わり方などにも応用できますし、経験をもとに漠然とやってきたことを体系的に整理する機会にもなりました。仕事とも両立できていますし、2年間で確実に卒業したいと思います。

Faculty’s VOICE
自由が丘産能短期大学 講師 経済学博士  伊藤 敦

上のステージを目指すなら、マネジメント力が不可欠です。

このコースでは、医療福祉分野においてキャリアアップを目指し、組織や経営に貢献できる人材を育成するためにマネジメントの基本的な知識やスキルを学習します。管理職者になれば、スペシャリストとしての専門知識や経験に加えて、マネジメントの視点から物事を考えることができる能力が要求されます。マネジメントの知識やスキルを学び、計数管理ができるようになれば、仕事上の非効率な部分が見えるようになり、コストを意識しながら質的向上が図れるようになります。このコースでの学習を通じてぜひ、キャリアアップを目指して下さい。