コースのご案内

ビジネスセンスアップコース

「仕事で輝く」人になるために!

こんな方にお薦めです
  1. 新たなライフスタイルをめざしたい方
  2. 個性豊かで魅力的なビジネスパースンをめざしたい方
  3. ビジネスの基礎知識を身につけたい方

学べる内容、身につく能力

 POINT1 
幅広い教養・知識をもち、創造的かつ積極的に新しいライフスタイルの確立をめざす。
 POINT2 
話題のテーマなどにも好奇心をもって学ぶことで、個性豊かで魅力的なビジネスパースンをめざす。
 POINT3 
目まぐるしく変化するビジネス社会に対応できる、マネジメントの基本知識、
ビジネススキル、コミュニケーション力を身につける

Student’s VOICE

会社員
澤谷 由美 さん

ビジネスだけでなくプライベートでも
活用できる学びのおかげで、
自分に自信がもてました。


大きく分けて、ビジネスに関するマネジメント、コミュニケーション、ライフスタイルの3つに関連する内容を学んでいます。
ビジネスに関するマネジメントは、基本的な考え方や根本的な仕組みの理解だけでなく、実際の業務で即利用できる実務的な内容も盛り込まれています。特に経営やサービスに関する内容は、勤務先だけでなく、お客様の事業の理解や顧客サービスが前提となっているので、学んで得た知識をビジネスの場で実践し、スキルと経験を高めています。コミュニケーションやライフスタイルに関する内容も、今まで上澄みでしか理解していなかった知識が深められるため、教養の幅が広がるのを実感しています。どの科目もビジネスの場だけでなく、プライベートでの活用度も高いため、自分に「自信」がつくのもうれしいです。

コースの概要

今日のヒット商品や新しいビジネスモデルには、衣・食・住、そして遊びを含めたライフスタイルに関係するものが少なくありません。従って仕事のスキルだけでなく、趣味などを含めたライフスタイルに関心をもち、創造的かつ積極的に行動することが、今日の著しく変化するビジネスシーンに対応する重要な要素になると言ってよいでしょう。このような時代の中で、「センスある仕事ぶり」を発揮してビジネスの場で活躍するためには、自らの「ビジネスに関する総合的な力を高める」ことが必要です。
また、社会の変化や人々のライフスタイルに常に関心をもち、自らの教養や知識を広げるとともに、仕事を効果的に進める上で必要なビジネススキルやコミュニケーション能力をしっかり身につけることが求められています。
本コースでは新しいライフスタイルに関連する知識を身につけるとともに、仕事を効率的に進めるために必要なビジネススキルを身につけます。

資格情報 「ビジネス実務士」資格対象コース

本コース卒業時に(一財)全国大学実務教育協会が認定する「ビジネス実務士」資格を取得できます。
資格取得条件等の詳細は入学後に配布する補助教材「学習のしおり」にてご案内いたします。

ビジネスセンスアップコースの科目構成
1年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 産業能率大学とマネジメント 1
社会学概論 2
心理学 4
コミュニケーション論 2
環境論入門 2
大学での学び方 2
私たちの生活と環境リスク 2
ビジネス基礎力
強化科目
経営学入門 2
考える力をつける 2
問題発見・解決力を伸ばす 2
情報分析力を鍛える 2
伝える力を伸ばす 2
ビジネスセンスアップ
コース専門科目
組織のマネジメント 4
仕事をマネジメントする 2
秘書実務Ⅰ 2
秘書実務Ⅱ 2
社会人の常識とマナー 2
ストリートファッション論                       2
39単位分配本
2年次
分野 科目名 SC 単位
教養科目 現代企業にみる日本経済 2
異文化コミュニケーション論 2
大人の音楽史入門 2
ストレスとこころの健康 2
自由が丘とブランディング 2
ビジネス基礎力
強化科目
時間活用術 2
ビジネス対話の技術 2
ビジネスセンスアップ
コース教養科目
ビジネス文書&メールの書き方 2
日本の伝統文化と作法 2
日本漢字能力検定Ⅰ 2
アサーション(コミュニケーション技法) 2
カラーコーディネーション 2
ガストロノミ(ワインと食文化) 2
アロマセラピー入門 2
28単位分配本


合計67単位分配本
卒業に必要な単位数 62 単位
SC欄  ○:通学形式のスクーリング ◆:iNetスクーリング ★:特設スクーリング

Pick Up 科目紹介

ガストロノミ(ワインと食文化)
ワインに関する正統的な知識から、ワインを飲むにあたっての料理、味わう場としてのレストラン、背景にある食文化へと視野を広げ、大きな楽しみである飲食への理解を深めます。“美味学”ともいわれる「ガストロノミ」の基礎を身につけます。

仕事をマネジメントする
経営環境が劇的に変化する中、今までと同じやり方では期待される成果をあげることが難しくなっています。本科目では、仕事の基本であるPDCAサイクルをもとに、課題の発見と目標の設定、仕事の的確な推進と問題解決能力を身につけます。

Faculty’s VOICE
教授 角田 百合子

コミュニケーションの重要性を自覚し、学んだ内容を実践する努力をすることが大切です。また、世の中の動きに興味をもち、社会で起こる出来事を人ごとと思わずに自分自身はそのことをどう考えるのかを常に意識していただきたいと思います。そこから、人はいつまでも成長できるのだということを学んでほしいと願っています。まずは、学ぼうという思いを大切に。その思いの種を、実を結ぶまで育ててあげてください。あなたが一生尽きない果実を収穫することができますように。教職員全員でお手伝いいたします。