文字サイズ

HOME > 活動紹介 > 調査報告書 > 2009年度新入社員に見るゆとり世代の特徴

2009年度新入社員に見るゆとり世代の特徴


学校法人産業能率大学(本部:東京都世田谷区/理事長:上野俊一)は、6月に発表した「2009年度新入社員の会社生活調査」を年代別にクロス集計し、ゆとり世代(1987年度生まれ以降=21歳以下)と、22歳以上の層を比べてゆとり世代の特徴をまとめました。

結果概要

出世は「努力・能力の証」

出世に対するイメージについて、ゆとり世代はその上の世代と比較して「努力・能力の証」という回答が顕著に高くなっています(下図)。
増えた自由時間を遊びに使うか勉強に使うかを選択してきたゆとり世代は、出世を自分の努力の証と捉えているようです。

出世に対するイメージグラフ

転職は「挫折」

転職について「キャリアアップ」と「挫折」のどちらのイメージが強いか聞いた質問では、22歳以上ではキャリアアップが75%、挫折が25%と大きく開きがあるのに対して、ゆとり世代は「キャリアアップ」(52%)と「挫折」(48%)が拮抗しています(下図)。
一旦乗った進路からかずれることは、「挫折」のイメージがつきまとうのかもしれません。

転職のイメージグラフ

上司の仕事は「部下への指示」

上司の仕事で一番大事だと思うものについて、部下の報告を受ける、部下に指示を出す、部下からの相談にのる、という三択で聞いた質問では、「部下に指示を出す」の回答についてゆとり世代が41%ある一方、22歳以上では30%と、11ポイントの開きがあります(下図)。
一方、「部下の報告を受ける」は半分程度にとどまるなど、指示待ちの姿勢が強く感じられます。

上司の仕事で一番大事だと思うものグラフ

レポートの全文をPDFファイルで提供しています。

PDFファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。
(右記のサイトで入手できます。)
GET ADOBE READER

ページの先頭へもどる


学校法人 産業能率大学
Copyright(c) The SANNO Institute of Management. ALL rights reserved.