文字サイズ

HOME > 活動紹介 > 調査報告書 > ソチ五輪の選手に関する調査(五輪後)

ソチ五輪の選手に関する調査(五輪後)


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業能率大学スポーツマネジメント研究所は、ソチ五輪閉幕後に、日本代表全選手のうち、名前を知っている選手や、視聴した選手に関する評価などを尋ねる調査を実施しました。
本学では五輪前にも日本代表全選手の認知や期待などを尋ねる調査を実施・発表しており、五輪前後の調査結果を比較分析しました。五輪前調査は1月28日から2月3日までの7日間で2万人を対象に実施し、五輪後調査はこの2万人を追跡する形で1千人を対象に2月25日に実施しました。いずれもインターネット調査会社を通じて実施しております。

結果概要

MVP

視聴した選手について、ソチ五輪での“MVP”を尋ねた結果、金メダルを獲得した羽生選手が突出した数字で1位に選ばれました。冬季五輪日本“最年長”メダリストの葛西選手が2位となりました。

1位羽生 結弦(フィギュア)
2位葛西 紀明(ジャンプ)
3位浅田 真央(フィギュア)
4位平野 歩夢 (スノーボード)
5位竹内 智香 (スノーボード)

MIP

視聴した選手について、ソチ五輪で最も印象に残った選手を尋ねた結果、フリーでトリプルアクセルを決め多くの人の心を動かした浅田選手がメダリストたちを抑え、1位に輝きました。

1位浅田 真央(フィギュア)
2位葛西 紀明(ジャンプ)
3位羽生 結弦(フィギュア)
4位平野 歩夢 (スノーボード)
5位竹内 智香 (スノーボード)

ブレイク度

五輪前調査における注目度と、五輪後調査の満足の差で“ブレイク度”を算出。1位には雪上競技日本最年少メダリストの平野選手、2位には平岡選手と、スノーボードの2選手がランクイン。3位は、ノルディック複合に20年ぶりのメダルをもたらした渡部選手となりました。

1位平野 歩夢 (スノーボード)
2位平岡 卓 (スノーボード)
3位渡部 暁斗 (ノルディック複合)
4位羽生 結弦(フィギュア)
5位竹内 智香 (スノーボード)
6位清水 礼留飛 (ジャンプ)
7位葛西 紀明(ジャンプ)
8位竹内 択 (ジャンプ)
9位伊東 大貴 (ジャンプ)
10位小野塚 彩那(フリースタイル)

観戦率

ソチ五輪で最も多くの人が観戦したのは浅田選手で、およそ7割が浅田選手の演技を「視聴した」と回答しています。次いで、金メダリストの羽生選手、3位には銀メダリストの葛西選手でした。

1位浅田 真央(フィギュア)
2位羽生 結弦(フィギュア)
3位葛西 紀明(ジャンプ)
4位髙橋 大輔(フィギュア)
5位鈴木 明子(フィギュア)
6位村上 佳菜子(フィギュア)
7位平野 歩夢 (スノーボード)
8位髙梨 沙羅(ジャンプ)
9位町田 樹 (フィギュア)
10位平岡 卓 (スノーボード)

レポートの全文をPDFファイルで提供しています。

PDFファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。
(右記のサイトで入手できます。)
GET ADOBE READER

ページの先頭へもどる


学校法人 産業能率大学
Copyright(c) The SANNO Institute of Management. ALL rights reserved.