文字サイズ

HOME > 活動紹介 > 調査報告書 > ソチ五輪直前調査

ソチ五輪直前調査


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業能率大学スポーツマネジメント研究所は、2月7日に開幕するソチ五輪に関し、日本代表全選手(113人)のうち知っている選手や、各選手のメダル予想などを尋ねる調査を実施しました。
調査は、1月28日から2月3日までの7日間、インターネット調査会社を通じて実施し、20代から60代の2万人から回答を得ています。調査の結果、「金メダル予想」では、スキージャンプの髙梨沙羅選手が1位、「知名度」「注目度」の両項目ではフィギュアスケートの浅田真央選手が1位となりました。また「ブレイク予想」では、スノーボードの角野友基選手が1位となっています。
なお、本学スポーツマネジメント研究所では、ソチ五輪閉幕後にも、今回の調査対象者に対して「感動度」などを追跡で調査・集計・分析し、発表する予定です。五輪前後にわたる調査によって、競技の普及などスポーツマーケティングの研究に活かしてまいります。

結果概要

知名度

上位5人をフィギュアスケートが独占しました。さらに町田樹選手が8位に入っています。それ以外の競技ではジャンプの髙梨沙羅選手の6位が最高です。

1位浅田 真央(フィギュア)
2位髙橋 大輔(フィギュア)
3位村上 佳菜子(フィギュア)
4位鈴木 明子(フィギュア)
5位羽生 結弦(フィギュア)

注目度

注目度でも上位5人をフィギュアスケートが独占。髙梨沙羅選手が6位で続きます。

1位浅田 真央(フィギュア)
2位髙橋 大輔(フィギュア)
3位羽生 結弦(フィギュア)
4位村上 佳菜子(フィギュア)
5位鈴木 明子(フィギュア)

金メダル予想

国際大会での活躍からソチ五輪でも期待が高まる髙梨沙羅選手が1位。前回のバンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央選手は2位、3位には羽生結弦選手が入り、バンクーバーで銅メダルを獲得した髙橋大輔選手を上回っています。

1位髙梨 沙羅(ジャンプ)
2位浅田 真央(フィギュア)
3位羽生 結弦(フィギュア)
4位髙橋 大輔(フィギュア)
5位葛西 紀明(ジャンプ)

必ず見たい競技

必ず見たい競技は、他の項目でも上位に選手が名を連ねたフィギュアスケートが1位。4人に1人は「必ず」フィギュアスケートを見たいと考えているようです。

1位フィギュアスケート
2位ジャンプ
3位スピードスケート
4位フリースタイル
5位カーリング

ブレイク予想

知名度とメダル予想の結果から、“知る人ぞ知る”メダル候補を算出しました。ブレイク予想1位にはスノーボードの角野友基選手が選ばれました。角野選手を知っている人のうち、約半数がメダル獲得を予想しています。

1位角野 友基 (スノーボード)
2位堀 珠花 (アイスホッケー)
3位竹内 愛奈 (アイスホッケー)
4位近藤 太郎 (スピードスケート)
5位平野 歩夢 (スノーボード)

レポートの全文をPDFファイルで提供しています。

PDFファイルを読むにはAdobe Readerが必要です。
(右記のサイトで入手できます。)
GET ADOBE READER

ページの先頭へもどる


学校法人 産業能率大学
Copyright(c) The SANNO Institute of Management. ALL rights reserved.