調査報告書

第7回新入社員のグローバル意識調査

学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、今年度の新入社員の海外志向などを尋ね、「新入社員のグローバル意識調査」としてまとめました。調査は2017年8月30日から9月11日までの13日間、インターネット調査会社を通じて実施。今年4月に新卒採用された18歳から26歳までの新入社員を対象としています。

*このテーマに関する調査は、2001年度から3年に1度実施しており、2010年度からは隔年で実施しています。第3回(2007年度調査)までは本学が開催する新入社員研修の参加者を対象に書面アンケートで実施していましたが、第4回(2010年度調査)から調査方法を変更し、インターネットリサーチでその年度の新入社員を対象に行っています。第1回から継続している質問もありますが、第3回以前と第4回以後で調査手法が異なることに留意してください。

結果概要

「海外で働きたいとは思わない」6割

海外で働いてみたいかどうかを尋ねたところ、「働きたくない」とする回答が60.4%(前回比-3.3ポイント)で過去2番目に高い数値となりました。留学経験の有無別に見ると、留学経験者は76.5%(「どんな国・地域でも働きたい」+「国・地域によっては働きたい」)が海外勤務に前向きなのに対して、留学経験が無い層は、70.0%が「海外で働いてみたいとは思わない」と回答しています。(下図)

海外で働いてみたいと思うかグラフ

留学経験の有無別海外で働いてみたいと思うか表

働いてみたい地域 「アジア」増加 北米に並ぶ

「国・地域によっては働きたい」とした回答者に、働いてみたい地域を複数回答で尋ねたところ「欧州」75.3%、「アジア」44.8%、「北米」44.8%となりました。「アジア」は前回調査比で6.3ポイント増加しています。日本企業における中国やベトナムなどアジアへの進出増加を背景に、新入社員が働いてみたいとする地域にも変化が見られます。(下図)

働いてみたい地域の上位3項目グラフ

日本企業はグローバル化を進めるべきだと思う 過去最高

日本企業はグローバル化すべきだと思うかを、「進めるべき」「どちらかと言えば進めるべき」「どちらかと言えば進めるべきではない」「進めるべきではない」の4択で尋ねました。この設問は、第5回調査(2013年度調査)より継続して尋ねていますが、今回の調査ではグローバル化推進に肯定的な見方(「進めるべき」+「どちらかと言えば進めるべき」)が過去最高となりました。(下図)

日本企業はグローバル化を進めるべきかグラフ

学校の英語教育 4技能のうち3技能は“役に立った”

最終学歴までの学校における英語教育で、[読む/聞く/話す/書く]4つの技能それぞれの能力向上について、どの程度役に立ったかを尋ねました。4技能のうち「読む」「聞く」「書く」3技能の能力向上については、“役に立った”(「とても役に立った」+「どちらかと言えば役に立った」)とする回答が過半数となりました。(下図)

学校での英語教育における能力向上についてグラフ

レポートの全文をPDFファイルで提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © SANNO Institute of Management All rights reserved.