調査報告書

2018年 社長が注目する会社

 学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、従業員数が10人以上の企業経営者(経営トップ)を対象に、2018年に注目している会社を自由記述で1社回答してもらい、その結果を2018年「社長が注目する会社」としてまとめました。
 調査は、2017年11月17日から27日までインターネット調査会社を通じて行いました(有効回答324)。

2018年「社長が注目する会社」トップ10

順位
(前年順位)
企業名 得票数
1位
(2位)
トヨタ自動車 51
2位
(1位)
ソフトバンクグループ 33
3位
(11位)
ソニー 28
4位
(—位)
東芝 20
5位
(36位)
テスラ ☆ 11
6位
(3位)
日産自動車 10
7位
(—位)
神戸製鋼所 ☆ 6

(9位)
任天堂
9位
(21位)
グーグル ☆ 5

(13位)
楽天

*☆=今回初めてトップ10入り
*(—位)=前回調査得票無し
*法人格略/得票同数の場合は50音順

結果概要

 2018年「社長が注目する会社」で最も多くの票を集めたのは「トヨタ自動車」でした。同社は2017年9月にマツダやデンソーなどと電気自動車(EV)開発のための新会社を設立したほか、12月には車載用電池の開発や生産でパナソニックと提携。世界的にEVシフトが進む中、企業経営者からは「現時点での電気自動車への取り組みが将来を決めると思う」(52歳/男性/サービス業/福井)、「自動車の未来の形を示してほしい」(58歳/男性/その他/東京) といった声が集まりました。

 今回初めてトップ10入りしたのは、アメリカ電気自動車メーカー「テスラ」(5位)、検査データを繰り返し改ざんしていた問題が明らかになった「神戸製鋼所」(7位)、ビッグデータ活用や自動運転技術などこれからのIoTの進展に注目が集まるアメリカIT大手「グーグル」(9位)の3社。トップ10に入った企業には今後の新技術・製品などに期待する声だけでなく、不祥事が明るみになった企業について、再建への取組みや今後の動向にも大きな注目が集まっています。

 各企業の主な選定理由など、詳細につきましては報告書をご覧ください。

調査報告書の全文をPDFファイルで提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © SANNO Institute of Management All rights reserved.