調査報告書

全国1万人対象 応援している野球選手ランキング

産業能率大学スポーツマネジメント研究所(所長:中川直樹/産業能率大学情報マネジメント学部教授)は、NPB全選手ならびにMLBの日本人選手をリストアップし「応援している選手」や「応援している理由」を尋ねる調査を行いました。

調査は、野球への関心や視聴習慣にかかわらず全国1万人(※人口統計に基づいて割付)を対象とし、5月15日~18日までの4日間、インターネット調査会社を通じて行っています。

調査概要

■調査時期:2018年5月15日~18日
■調査方法:インターネットリサーチ
■サンプル:10,000
割付は、総務省統計局「人口推計(2017年10月1日現在)」(2018年4月13日公表)に基づく。
■設  問:
(1)「応援している球団(NPB)」を選択。

(2)NPB全選手ならびにMLBの日本人選手を対象に、応援している野球選手を選択。(「投手」「野手」それぞれ10人まで)

(3)応援する理由を以下の選択肢から選択。(あてはまるものを全て)
【投手部門】「球威」「変化集」「スター性」「将来性」「性格」「苦労」
【野手部門】「打撃」「守備」「走塁」「スター性」「将来性」「性格」「応援歌」「苦労」

結果概要

 「応援している選手」の全体ランキングの結果は、【投手部門】=1位:大谷翔平投手(エンゼルス/MLB)、2位:田中将大投手(ヤンキース/MLB)、3位:ダルビッシュ有投手(カブス/MLB)、【野手部門】=1位:大谷翔平選手(エンゼルス/MLB)、2位:イチロー選手(マリナーズ/MLB)、3位:坂本勇人選手(巨人)となりました。投手部門、野手部門のいずれも、今シーズンから大リーグエンゼルスで“投打の二刀流”として活躍を続ける大谷翔平選手が1位となりました。

 産業能率大学スポーツマネジメント研究所では、スポーツ分野における様々な調査活動、マネジメントの研究・教育を行っており、今回得られたデータはスポーツマネジメント分野での研究や、大学教育におけるデータ分析の授業(分析モデル・理論)で活用します。

順位 (支持率) 【投手部門】投手名(所属/調査時) 順位 (支持率) 【野手部門】選手名(所属/調査時)
1位 (46.4%) 大谷翔平 (エンゼルス/MLB) 1位 (45.3%) 大谷翔平 (エンゼルス/MLB)
2位 (22.4%) 田中将大 (ヤンキース/MLB) 2位 (34.1%) イチロー (マリナーズ/MLB)
3位 (12.6%) ダルビッシュ有 (カブス/MLB) 3位 (5.5%) 坂本勇人 (巨人)
4位 (11.4%) 前田健太 (ドジャース/MLB) 4位 (4.48%) 清宮幸太郎 (日本ハム)
5位 (6.0%) 上原浩治(巨人) 5位 (4.47%) 内川聖一(ソフトバンク)
6位 (5.6%) 則本昂大 (楽天) 6位 (3.8%) 菊池涼介 (広島)
7位 (5.2%) 菅野智之 (巨人) 7位 (3.64%) 鳥谷敬 (阪神)
8位 (4.4%) 藤浪晋太郎 (阪神) 8位 (3.55%) 柳田悠岐 (ソフトバンク)
9位 (4.2%) 菊池雄星 (西武) 9位 (3.48%) 阿部慎之助 (巨人)
10位 (3.5%) 松坂大輔 (中日) 10位 (3.3%) 小林誠司 (巨人)
11位 (3.0%) メッセンジャー (阪神) 11位 (3.1%) 中田翔 (日本ハム)
12位 (2.9%) 松井裕樹 (楽天) 12位 (3.0%) 筒香嘉智 (DeNA)
13位 (2.8%) 藤川球児 (阪神) 13位 (2.8%) 山田哲人 (ヤクルト)
14位 (2.60%) 斎藤佑樹 (日本ハム) 14位 (2.5%) 岡本和真 (巨人)
15位 (2.55%) 大瀬良大地 (広島) 15位 (2.4%) 松田宣浩 (ソフトバンク)
16位 (2.54%) 千賀滉大 (ソフトバンク) 16位 (2.2%) 嶋基宏 (楽天)
17位 (2.3%) 能見篤史 (阪神) 17位 (2.17%) 糸井嘉男 (阪神)
18位 (2.0%) 岸孝之 (楽天) 18位 (2.16%) 鈴木誠也 (広島)
19位 (1.9%) 和田毅 (ソフトバンク) 19位 (1.98%) 今宮健太 (ソフトバンク)
20位 (1.8%) 牧田和久 (パドレス/MLB) 20位 (1.97%) 福留孝介 (阪神)

※敬称略

応援理由別ランキング

応援理由別ランキング【投手部門】は、[球威]=150キロを超えるストレートを武器に2017年プロ野球シーズン最多セーブ記録を更新したサファテ投手(ソフトバンク)、[変化球]=今シーズンから大リーグパドレスでプレーし、アンダースローから投じられる80キロ台のスローカーブなど“遅い球”に注目が集まる牧田和久投手(パドレス/MLB)、[スター性]と[性格]=大谷翔平投手(エンゼルス/MLB)、[将来性]=2年目となる今シーズン、開幕からローテーションの一角を担いこれまでに3勝を上げている小野泰己投手(阪神)、[苦労]=1型糖尿病を抱えながらマウンドに立ち続ける岩田稔投手(阪神)がそれぞれ1位となりました。


応援理由別ランキング【野手部門】は、[打撃]=2017年に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で侍ジャパンの4番打者を務めた筒香嘉智選手(DeNA)、[守備]=5年連続でゴールデングラブ賞を獲得するなど守備の要としてチームを牽引する菊池涼介選手(広島)、[走塁]=昨シーズン、セ・リーグの盗塁王に輝いた田中広輔選手(広島)、[スター性]=今季、マリナーズの会長付特別補佐に就任したイチロー選手(マリナーズ/MLB)、[将来性]=2017年夏の甲子園で1大会個人最多本塁打を放ち、広島にドラフト1位で入団した中村奨成選手(広島)、[性格]=社交的で明るい性格で、試合前のフリー打撃における場内アナウンスでも注目を集める杉谷拳士選手(日本ハム)、[応援歌] [苦労]=プロ20年目41歳のベテラン新井貴浩選手(広島)がそれぞれ1位に選出されました。

【投手部門】

▼球威・変化球

【球威】順位 (内部比率) 投手名 (所属/調査時) 【変化球】順位 (内部比率) 投手名 (所属/調査時)
1位 (58.0%) サファテ(ソフトバンク) 1位 (56.4%) 牧田和久(パドレス/MLB)
2位 (56.0% ) メッセンジャー(阪神タイガース) 2位 (41.3%) 千賀滉大(ソフトバンク)
3位 (55.6% ) 澤村拓一(巨人) 2位 (41.3%) 武田翔太(ソフトバンク)

※敬称略

▼スター性・将来性

【スター性】順位 (内部比率) 投手名 (所属/調査時) 【将来性】順位 (内部比率) 投手名 (所属/調査時)
1位 (79.7%) 大谷翔平 (エンゼルス/MLB) 1位 (76.3%) 小野泰己 (阪神)
2位 (69.7%) ダルビッシュ有 (カブス/MLB) 2位 (68.7%) 大谷翔平 (エンゼルス/MLB)
2位 (69.7%) 松坂大輔 (中日) 3位 (61.5%) 岡田明丈 (広島)

※敬称略

▼性格・苦労

【性格】順位 (内部比率) 投手名 (所属/調査時) 【苦労】順位 (内部比率) 投手名 (所属/調査時)
1位 (44.8%) 大谷翔平 (エンゼルス/MLB) 1位 (63.7% ) 岩田稔 (阪神)
2位 (41.6%) 大瀬良大地 (広島) 2位 (63.6%) 岩瀬仁紀 (中日)
3位 (40.0%) 和田毅 (ソフトバンク) 3位 (61.3%) 松坂大輔 (中日)

※敬称略

【野手部門】

▼打撃・守備

【打撃】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時) 【守備】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時)
1位 (83.4%) 筒香嘉智(DeNA) 1位 (84.3%) 菊池涼介(広島)
2位 (83.0%) 近藤健介(日本ハム) 2位 (68.3%) 荒木雅博(中日)
3位 (81.1%) 秋山翔吾(西武) 3位 (65.7%) 今宮健太(ソフトバンク)

※敬称略

▼走塁・スター性

【走塁】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時) 【スター性】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時)
1位 (56.2%) 田中広輔(広島) 1位 (77.3%) イチロー(マリナーズ/MLB)
2位 (54.6%) 西川遥輝(日本ハム) 2位 (77.2%) 大谷翔平(エンゼルス/MLB)
3位 (41.7%) 吉川尚輝(巨人) 3位 (71.0%) 清宮幸太郎(日本ハム)

※敬称略

▼将来性・性格

【将来性】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時) 【性格】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時)
1位 (81.9%) 中村奨成(広島) 1位 (75.5%) 杉谷拳士(日本ハム)
2位 (77.5%) 清宮幸太郎(日本ハム) 2位 (48.0%) 新井貴浩(広島)
3位 (73.1%) 大山悠輔(阪神) 3位 (44.4%) 嶋基宏(楽天)

※敬称略

▼応援歌・苦労

【応援歌】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時) 【苦労】順位 (内部比率) 選手名 (所属/調査時)
1位 (12.7%) 新井貴浩(広島) 1位 (48.0%) 新井貴浩(広島)
2位 (9.6%) 銀次(楽天) 2位 (44.3%) 大田泰示(日本ハム)
3位 (8.8%) 鳥谷敬(阪神) 3位 (42.7%) 荒木雅博(中日)

※敬称略

調査報告書の全文をPDFファイルで提供しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © SANNO University All rights reserved.