学校法人について

学校法人産業能率大学の生い立ちとあゆみ

即戦力となるプロフェッショナル人材の育成を通じ、産業界の発展に貢献し続けてきた産業能率大学。その歴史は、創立者上野陽一が実施した日本で初めての作業改善コンサルテーションから始まった。

  • 1942年 (財)日本能率学校と附属能率道場設立(1942年)
  • 1952年 第1回産業能率短期大学卒業生 13名(1952年)
  • 現在 産業能率大学入学式(現在)

年表

1920年 (大正9年) 上野陽一日本初の作業改善コンサルテーションを実施
1925年 (大正14年) 日本産業能率研究所創立
1942年 (昭和17年) (財)日本能率学校設立
1950年 (昭和25年) 産業能率短期大学 能率科 第2部開設
1951年(昭和26年) (学)産業能率短期大学への組織変更が認可
1956年 (昭和31年) 創造性開発を紹介
1960年 (昭和35年) VE/VA技法を紹介
1963年 (昭和38年) 短大 能率科 通信教育課程開設
1964年 (昭和39年) 目標管理制度を紹介
1965年 (昭和40年) 短大 能率科 第1部開設
1966年 (昭和41年) マネジリアルグリッドを管理者研修に活用
1978年 (昭和53年) 法人名を(学)産業能率大学に改称
1979年 (昭和54年) 産業能率大学 開設(日本初の経営情報学部)
マネジメントスクール開設
サンノーダイアリーの制作開始
1989年 (平成元年) 法人、大学、短期大学の名称をそれぞれ、(学)産能大学、産能大学、産能短期大学に改称
1992年 (平成4年) 大学院 経営情報学研究科開設
1995年 (平成7年) 大学 経営情報学部 通信教育課程開設
1996年 (平成8年) 大学院 自由が丘昼夜開講制をスタート
2000年 (平成12年) 法人名を(学)産業能率大学へ改称
大学 経営学部開設
2001年 (平成13年) 自由が丘キャンパス1号館竣工
2003年 (平成15年) 大学として初のプライバシーマーク取得
代官山キャンパスオープン
2004年 (平成16年) 大学院 MBAコース開設
2006年 (平成18年) 大学、短期大学の名称をそれぞれ、産業能率大学、自由が丘産能短期大学に改称
2007年 (平成19年) 大学 経営情報学部を情報マネジメント学部へ改称
大学院 経営情報学研究科を総合マネジメント研究科へ改称
2008年 (平成20年) 自由が丘キャンパス2号館竣工
2009年 (平成21年) 大学院MBAコースをマネジメント大学院コースへ改編
2012年 (平成24年) 短大 能率科 第2部募集停止
2013年 (平成25年) 大学 経営学部 マーケティング学科開設
短大 能率科 第2部廃止(3月)
2014年 (平成26年) 短大 能率科 第1部募集停止
2015年 (平成27年) 短大 能率科 第1部廃止(3月)

Copyright © SANNO Institute of Management All rights reserved.