文字サイズ

HOME > 活動紹介

活動実績(2010年度)


2010年度のトピックス

本学は、マネジメントの総合教育・研修機関として常に最新のマネジメントを研究し、教育や指導を通じて普及 させることで社会に貢献してきました。 常に時代のニーズに合わせた人材育成プログラムを提供するため、さまざまな取り組みを行っています。ここでは、昨年度の主な取り組みを紹介します。

TOPIC 1情報マネジメント学部の溝江明香選手がビーチバレーの年間チャンピオンに

ビーチバレーの国内トッププロがしのぎを削り、毎年熱い戦いが繰り広げられるJBVツアー。そのJBVツアー2010に参戦した情報マネジメント学部2年生(当時)の溝江明香選手が、並み居る強豪ペアを押さえて年間チャンピオンに輝きました。
本格参戦した2010シーズン。第2戦の大日本印章オープンで史上最年少優勝を果した溝江選手は、シーズン全8戦のうち4つの大会で優勝。ポイントで2位以下に大きく差をつけ、年間チャンピオンとなりました。日本ビーチバレー連盟主催の「JBVツアーアワード2010」では、優れた活躍をした新人に贈られる新人賞も受賞しました。
2010年に開催された「広州アジア大会(中国)」には、ビーチバレーの日本代表選手として出場。2012年ロンドンオリンピックの予選にも日本代表として出場するなど、活躍の場を世界に広げた溝江選手。目標である「オリンピック出場」に向け、今後の活躍が期待されます。

右:溝江明香選手、左:田中姿子選手(エコ企画)

TOPIC 2幕末の志士を撮影した写真の開祖上野彦馬の写真展を開催

日本の写真の開祖といわれる上野彦馬は、本学の創立者である上野陽一の叔父にあたる人物です。本学では、11月13日と14日の両日、その上野彦馬の写真展を湘南キャンパスにて開催しました。
幕末から明治初期にかけて写真家として活躍した上野彦馬。当時の様子を今に伝える貴重な写真を数多く撮影しました。写真展では、数ある写真の中から、坂本龍馬や高杉晋作などの幕末の志士の肖像や西南戦争の様子、長崎の街の風景など約50点を展示しました。

上野彦馬写真展

TOPIC 3マネジメントに関するさまざまなテーマで調査を実施

本学では、マネジメントに関するさまざまなテーマについて調査を実施し、調査結果をまとめた報告書を、本学ホームページ等で公開しています。2010年度も新入社員からマネジメント層までの幅広いビジネスパーソンを対象に、さまざまな調査を実施しました。

  • 【2010年度に発表した主な調査報告書】
  • ●第4回自由が丘調査
  • ●2010年度新入社員の会社生活調査(2010年6月)
  • ●経済危機下の人材開発に関する実態調査(2010年7月)
  • ●第4回新入社員のグローバル意識調査(2010年7月)
  • ●ビジネスパーソンの通信研修受講に関する調査(2010年8月)
  • ●ビジネスパーソンのグローバル意識調査(2010年9月)
  • ●社長が選ぶ今年の社長2010(2010年12月)
  • ●上場企業の課長に関する実態調査(2011年1月)
  • ●2011年の中小企業の経営施策(2011年1月)
  • ●第2回ビジネスパーソンのコミュニケーション感覚調査(2011年3月)
経済危機下の人材開発に関する実態調査(2010年7月)

ページの先頭へもどる


学校法人 産業能率大学
Copyright(c) The SANNO Institute of Management. ALL rights reserved.