新規事業のマネジメント論

履修年次:1・2単位:2

担当教員

産業能率大学
中村 光延

授業の目的と概要

 不透明な経済や人口減少をはじめとする様々な要因により、事業環境の変化が速さと激しさを増しています。
その結果、事業のライフサイクルも短くなり、企業規模、業種、業態に関わらず、新規事業の創出・開発がこれまで以上に期待されています。そこで、本科目では新規事業の創出・開発の推進プロセスを中心に新規事業に関わるマネジメント技法について学びます。
 本科目の進め方としては、各回の新規事業創出・開発プロセスについての講義内容をもとにグループ討議と演習を通じて、自己や所属組織の現状の制約条件にとらわれない、仮想の新規事業アイデア創出から新規ビジネスモデル構築までのプロセスに取り組んでもらいます。そのうえで、自己、所属組織への応用を目的として各回の授業外学習を通じて、現状での皆さんが考えられる自己、所属組織での新規事業構想の概略(皆さんの個別状況によっては仮想になる場合もあり)を考察してもらう予定です。
 また、授業は新規事業に関することに限らず、講師がコンサルタントとして経験した事業運営に関する事例紹介も交えた講義に加え、外部講師による新規事業の実例をテーマにした講演も予定しています。先述のグループ討議・演習等、双方向に進めていきますので、授業外学習も含めて当事者意識をもって、積極的に参加してください。

ディプロマ・ポリシー (修了時の到達目標)

■:この科目で特に重視する観点

■①マネジメントに関する専門知識や理論、問題分析の手法を修得し、経営機能における的確な意思決定ができる

□②関係する人との連携・協力関係を築き、リーダーシップや高いコミュニケーション能力を発揮することができる

■③マネジメントのプロフェッショナルとして高度な専門性と責任感、倫理観をもち、自ら問題を発見して課題を設定し、現実的で実効性のある解決策を導き出すことを通じて、組織や社会の発展に貢献することができる

上記ディプロマ・ポリシーに基づく当科目の到達目標

  • 新規事業創出・開発に関する考え方、プロセスを理解し、自己、所属組織での新規事業の立案について役割を担える。
  • 新規事業を推進・実行する上で、主導的立場を担える。
授業項目 概要 集中
授業
オリエンテーション 本科目の目的、概要と扱う内容、進め方等を説明します。
・新規事業の必要性とその役割について
・新規事業創出・開発のプロセスについて
・新規事業が失敗する理由について


新規事業アイデアとイノベーション 新規事業の創出・開発における新規事業アイデアとイノベーションの関係について学びます。
・ビジネスアイデアとは
・イノベーションとは
・イノベーションの種類
新規事業アイデアの創出 場当たり的発想や偏った発想での新規事業アイデアの創出にならないように、SWOT分析に代表されるような内外の環境分析が必要となります。ある社会現象に関する環境、状況分析により問題を認識する演習を通じて新規事業のアイデア創出について学びます。
・新規事業アイデアの検討をスムーズにするために注意すべきこと


新規事業アイデアの検証とビジネスコンセプトの検討 問題認識から新規事業アイデアを創出したあと、アイデアからビジネスコンセプトという形へアイデアの具体化を検討します。
・問題認識からの新規事業アイデアの創出
・ビジネスコンセプトとは
・ビジネスコンセプト検討で重視すべきこと
ビジネスモデルの構築 新規事業アイデアを創出し、ビジネスコンセプトを検討した後、ビジネスモデルを構築する考え方、方法学びます。
ビジネスモデルには理念、ビジョンが非常に重要になります。
理念、ビジョン、ビジネスモデルの関係性を学びます。
・ビジネスモデルとは
・理念、ビジョンとは


新規事業の実例について学ぶ 事業会社において、既存事業及び、新規事業の運営・管理経験のある外部講師の講演を予定しています。
新規事業の戦略立案 構築した新規事業のビジネスモデルをSWOT分析による環境分析に始まり、事業ドメインを設定(絞り込み、選択)し、基本戦略、競争戦略、成長戦略による戦略を立案する基本的な流れについて確認します。
・環境分析体系について
・事業ドメインについて
・コアコンピタンスについて
・ポーター3つの基本戦略について
・コトラー地位別競争戦略について
・アンゾフ成長マトリックスについて
・創発的な思考による戦略遂行管理の重要性について
  4

事業推進者とリーダーシップ 新規事業のアイデア創出、ビジネスモデルの構築、その戦略立案以上に新規事業の成否に大きな影響を与える、事業を推進していくリーダーに求められるチームマネジメントと役割行動について学びます。
・事業推進者に求められるリーダーシップとは
・高業績のリーダーと低業績のリーダーについて
まとめ 第1回から第8回の講義を通じて、自己、所属組織の新規事業について考察したことを共有してもらいます。
全体の振り返りとまとめを行います。