ファシリテーションスキル

履修年次:1・2単位:2

担当教員

産業能率大学
畑野 美江子

授業の目的と概要

 企業戦略を効果的に実施するためには、また業務プロセスが無駄なく能率的に流れるには、更には人材の効果的な行動を促すには、メンバーの協働意欲を高め、活動目的を明確にするなど、成果創出のためのプロセス管理が適切になされていなければなりません。変革ファシリテーションとは、ビジネス場面におけるファシリテーションを意味し、組織活動において成果を上げるための活動プロセスを管理する=ファシリテーションをさします。
 この授業では、組織活動およびプロジェクト運営において、必要となるファシリテーション・スキルについて実践的学習を考慮したいと考えます。よって、ファシリテーティング・コミュニケーションスキルは基より、プロセス・デザイン、対話を重視する場づくり、問題解決場面におけるプロセス・マネジメント、および合意形成に必要な構造化スキル、議論の見える化スキルなどを扱います。まず、変革ファシリテーションに関する歴史的背景、基礎的な概念について学習し、更に現実としてのファシリテーション技術について、理論的に学習するとともにグループ演習を通して実感的に学習していきます。また、A.I組織開発の上での変革ファシリテーションについてもクラス全体での議論を進めてみたいと考えています。なお、授業形態は演習を中心に行うため、学生の積極的なグループ演習への参画が重要になります。特に後半は、チーム編成によるグループ演習が多いため、事前に配布資料をよく読み込み、内容を理解した上で出席し、グループ演習に積極的に参加することが必要になります。また、授業での演習をスムーズに進めるためには、事前課題を前提に行うため、事前課題に取り組むことは必須となります。
また、最終的には、ファシリテーション技術の実践が重要なため、実践結果である課題提出も必須となります。

ディプロマ・ポリシー (修了時の到達目標)

■:この科目で特に重視する観点

□①マネジメントに関する専門知識や理論、問題分析の手法を修得し、経営機能における的確な意思決定ができる

■②関係する人との連携・協力関係を築き、リーダーシップや高いコミュニケーション能力を発揮することができる

■③マネジメントのプロフェッショナルとして高度な専門性と責任感、倫理観をもち、自ら問題を発見して課題を設定し、現実的で実効性のある解決策を導き出すことを通じて、組織や社会の発展に貢献することができる

上記ディプロマ・ポリシーに基づく当科目の到達目標

  • 関係する人々との協力関係を築くための対人関係に関する理論やスキルを修得して、マネジャーとしての組織運営や成果創出に活用できる。
  • メンバーとともに問題を発見して課題を設定し、多様な解決策を導くための方法論やスキルを習得し、チーム運営のあり方や組織開発についての理解を実感的に深め、組織の発展に貢献することができる。
授業項目 概要 集中
授業
オリエンテーション a. 授業全体の構成や進め方にについて説明します。
b. ファシリテーション概論:変革ファシリテーションを学ぶ意義や、ファシリテーションの歴史的背景、ファシリテーションの定義、ファシリテーターの要件等について、クラス全体での討議を交えて学習するとともに、ファシリテーション・スキルの全体像についても学習します。[テキスト該当章:セッション1]


ファシリテーション・スキル
(1対1のコミュニケーションスキル)
a. ファシリテーティング・コミュニケーションスキル:ファシリテーターに必要な1対1のコミュニケーションスキルについて学習します。
b. 1対1のコミュニケーションスキル演習:①質問スキルと②傾聴スキルについて、グループ演習を通じて学習します。[テキスト該当章:セッション2]
ファシリテーション・スキル
(1対多数のコミュニケーションスキル)
a. ファシリテーティング・コミュニケーションスキル:ファシリテーターに必要な1対Nのコミュニケーションスキルについて学習します。
b. 1対Nのコミュニケーションスキル演習:①議論をかみ合わせるスキルと②議論を可視化するスキルについて、グループ演習を通じて学習します。[テキスト該当章:セッション2]


ファシリテーション・デザイン a. ファシリテーション・デザイン:会議の目的・目標を設計する技術について学習します。
b. 事前準備シート作成に関する演習:事前準備項目について、グループ演習を通じて学習します。
* 次回以降の授業における演習「組織風土改革プロジェクト」の概要および宿題:リッチピクチャー【課題(1)】の作成と会議の実践報告書【課題(2)】について説明します。[テキスト該当章:セッション3]
問題解決ファシリテーション
(問題認識の共有において)
a. チーム活動での問題解決プロセスにおける、問題認識の共有~問題点の抽出&重点化でのファシリテーション・スキルについて学習します。
b. チームによる問題解決場面での問題の共有において、「リッチピクチャー」による状況認識の共有について、グループ演習「組織風土改革プロジェクト」を通じて学習します。[テキスト該当章:セッション4]


問題解決ファシリテーション
(問題点の抽出&重点化)
a. チームによる問題解決場面での問題の共有および問題の抽出&重点化に関して、グループ演習「組織風土改革プロジェクト」を通じて学習します。[テキスト該当章:セッション4]
問題解決ファシリテーション
(問題分析&問題設定)
a. チーム活動での問題解決プロセスにおける、問題の分析~問題の設定および解決策の立案と意思決定でのファシリテーション・スキルについて学習します。
b. チームによる問題解決場面での問題分析および課題設定、解決策立案・意思決定について、グループ演習「組織風土改革プロジェクト」を通じて学習します。[テキスト該当章:セッション5~6]
  4

問題解決ファシリテーション
(問題解決プロセスの締めくくり)
a. チーム活動における締めくくりでのファシリテーション・スキルについて学習します。
b. A.I組織開発におけるファシリテーション:A.I組織開発の概要について講義するとともに、従来の問題解決の考え方との違いを学習します。実際の場面での進め方についても、ファシリテーションの実践を試みるとともに、今後の組織開発および組織のあり方などについても、クラス全体での意見交換をします。
* 課題(2):会議の実践報告書の作成について説明します。[テキスト該当章:セッション7]
実践結果の報告&共有 a. 実践結果の報告:課題(2)について、実際の職場での実践結果について報告し合います。
b. 今後のファシリテーション課題への気づき:グループでの話し合いを通して、今後のファシリテーションの実践における課題を見つけます。