経営戦略ケーススタディ

履修年次:1・2単位:2

担当教員

平田 譲二

産業能率大学 教授
平田 譲二

授業の目的と概要

 この授業では、企業等の経済主体における成功や失敗などの様々なケースを読んで、その成功や失敗の要因を「戦略」の観点で考察することを通じて、経済活動における「出来事」を論理的に再構成し、設問に対する回答を論理的に構築することの重要性を学んでいきます。
 例えば、「現実の世界は論理で出来ている」と聞かされると、「そんなことはない、不条理なことが沢山ある」と考える学生もいることでしょう。しかし、今現在の全ての出来事は、過去の出来事の結果として生じている、と説明されると納得がいくのではないでしょうか。つまり、過去の出来事の論理的結果としての現在が存在するのです。不条理と感じるのはその事実を受け止める側の個人の「想い」との相違であって、その想いが論理的な結果ではないからです。
 授業の運営は、事前レポートの作成および教室での学生同士あるいは学生と教員とのディスカッションを軸に行いますが、授業後段では教員による模範的な回答(但し、正解ではない)も提示します。

ディプロマ・ポリシー (修了時の到達目標)

■:この科目で特に重視する観点

■①マネジメントに関する専門知識や理論、問題分析の手法を修得し、経営機能における的確な意思決定ができる

□②関係する人との連携・協力関係を築き、リーダーシップや高いコミュニケーション能力を発揮することができる

■③マネジメントのプロフェッショナルとして高度な専門性と責任感、倫理観をもち、自ら問題を発見して課題を設定し、現実的で実効性のある解決策を導き出すことを通じて、組織や社会の発展に貢献することができる

上記ディプロマ・ポリシーに基づく当科目の到達目標

  • 経営戦略の理論的基礎知識を活用して、ケースという仮想現実の中で戦略概念が適切に利用できる。
  • 企業活動における「出来事」を論理的に再構成し、因果関係を正しく抽出し、企業などの経済活動主体に内在する課題・問題への解決策を提示できる。
授業項目 概要
偶然を必然に変換する経営戦略 ケーススタディ
使用ケース:ジャパネットたかた(慶應ビジネススクール)
製品開発と市場創造 ケーススタディ
使用ケース:シマノ(一橋ビジネスレビュー)
企業組織の戦略的変革 ケーススタディ
使用ケース:キヤノン(産業能率大学オリジナルケース)
ローコスト・オペレーションの戦略展開 ケーススタディ
使用ケース:しまむら(一橋ビジネスレビュー)
社内新事業と新チャネルの創出 ケーススタディ
使用ケース:アスクル株式会社:オフィス通販事業
(慶應ビジネススクール)
統合された企業の組織戦略 ケーススタディ
使用ケース:G社の企業統合
(本学修了生 桜井和子 作成のオリジナルケース)
環境変化と戦略策定 ケーススタディ
使用ケース:キリンビール(産業能率大学オリジナルケース)
成長戦略から競争戦略まで ケーススタディ
使用ケース:伊藤園(産業能率大学オリジナルケース)
試験 ケース分析