• ホーム
  • 産業能率大学大学院総合マネジメント研究科の特色 POINT 9

文部科学大臣認定「職業実践力育成プログラム」
認定プログラム概要

職業実践力育成プログラム(BP)「職業実践力育成プログラム」は、大学等におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が認定するものです。
産業能率大学大学院では、経営管理コース・税務マネジメントコースが2015年12月15日に認定を受けました。
» 職業実践力育成プログラム(BP)

経営管理コース・税務マネジメントコースの概要

産業能率大学大学院では、本学総合研究所の企業内研修やコンサルティング活動から得られた知見をベースとした実践的なカリキュラムによって、経営管理、会計および税務マネジメント分野のプロフェッショナルの育成をめざしています。
経営管理コースにおいては、マネジメントに関する高度な専門知識や理論、問題分析の手法を修得し、今日の組織やビジネスパーソンが直面しているマネジメント上の課題に正面から取り組んで、その解決に貢献できる人材を育成します。
税務マネジメントコースにおいては、税務に関する高度な専門性に加えてマネジメントの理論やスキルを修得し、クライアントや自らが所属する組織の問題解決に真に貢献できる人材を育成します。
いずれのコースも、理論だけでなく、実務上の問題解決に適用できる応用力と、修士論文の作成などを通じて実践的な問題解決能力や論理的思考力、表現力を養成し、組織やクライアントが抱える問題の解決や発展に貢献できる能力を身につけます。

社会人向け学修環境

授業は全て、都心からアクセスしやすいサテライトキャンパス(代官山キャンパス)にて開講しています。
また、仕事と学修を両立できるよう、全ての授業を平日夜間または土日に開講し、夏期・冬期集中授業等、柔軟な履修環境を整えています。

申請様式