• ホーム
  • 産業能率大学大学院総合マネジメント研究科の特色 POINT 8

専門実践教育訓練給付金

専門実践教育訓練給付金のご案内

産業能率大学大学院 総合マネジメント研究科総合マネジメント専攻経営管理コース、税務マネジメントコースは、厚生労働大臣より、「専門実践教育訓練教育施設」として指定を受けました。
2017年4月以降に本学研究科経営管理コース、税務マネジメントコースに入学した正規課程の学生で、支給対象者(受給資格者)の条件を満たす方は、ハローワークに申請することにより、産業能率大学大学院に支払った教育訓練経費の一定の割合額(最大94万円)が給付金としてハローワークから支給されます。

教育訓練給付金制度とは

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。(厚生労働省ホームページより) 給付金の詳細については、» 厚生労働省ホームページで確認してください。

給付金額

専門実践教育訓練
在学中
(受講中)
修了後
※受講修了時に雇用保険の被保険者である場合
支給額
※受講者が支払った学費に対する割合
40% 20%の追加支給
支給額の上限 32万円/年 32万円
支給期間 原則2年

教育訓練給付金支給申請手続

手続は、原則、本人が、本人の住所を管轄するハローワークに対して行います。
受講前の申請手続は、受講開始日(※(1)経営管理コースの授業開始の日、(2)税務マネジメントコースの授業開始の日)の1ヵ月前までに行う必要があります。申請申込期限には注意してください。
詳しい申請手続の方法については、» ハローワークインターネットサービス 教育訓練で確認してください。
◇ハローワーク所在案内:» http://www.mhlw.go.jp/kyujin/hwmap.html

1.事前申請用の書類の入手

  1. 受給資格があるかを確認する(雇用保険の加入期間等確認)。
  2. 訓練前キャリア・コンサルティングを経て「ジョブ・カード」を入手する。または、「専門実践教育訓練の受講に関する事業主の証明書」(勤務先に発行を依頼する必要があります)を入手する。

2.受講前申請手続

  1. 必要書類を揃え、受講開始日(※(1)経営管理コースの授業開始の日、(2)税務マネジメントコースの授業開始の日)の1ヵ月前までにハローワークで支給申請手続を行う。

◇必要書類等は、下記(1)経営管理コース、(2)税務マネジメントコースそれぞれのPDF「【4】給付に必要な手続」をご覧ください。

(1)本大学院 経営管理コースが指定を受けた「専門実践教育訓練給付金」制度について(PDF:272KB)pdf
(2)本大学院 税務マネジメントコースが指定を受けた「専門実践教育訓練給付金」制度について(PDF:273KB)pdf

3.受講中6ヵ月ごとに行う手続

  1. 受講開始日(本科入学)から6ヵ月ごとの定められた期間内にハローワークで支給申請手続を行う。
  2. 手続にあたっては、本学研究科が発行する「受講証明書」等の書類が必要です。

4.修了後1ヵ月以内に行う手続

  1. 修了日の翌日から1ヵ月以内に、「専門実践教育訓練修了証明書」等の必要書類を揃え、ハローワークに支給申請手続きを行う。