• ホーム
  • 産業能率大学大学院総合マネジメント研究科の特色 POINT 5

税理士試験の税法科目の試験科目免除をめざす

 「税務マネジメントコース」では、租税法・法人税法・所得税法の理論や税務実務上の重要テーマ・判例等について実践的な学修を行うとともに、マネジメントの理論とスキルについても学修し、マネジメントに強い税務のプロフェッショナルの育成をめざします。

修士の学位を取得することによって税理士試験の試験科目免除をめざす

 税務のプロフェッショナルとして活躍するためには「税理士」の資格が必要であることから、本コースでは、税法に関する研究によって修士論文を作成し、税理士法第7条に定める修士の学位等による試験科目免除制度によって、税理士試験の税法に属する科目の試験科目の免除をめざします。

 この制度は、大学院において税法に属する科目等に関する研究で修士の学位を取得することと、税理士試験で税法に属する科目に1科目合格するという2つの要件を満たして国税庁に設置されている国税審議会に申請して認定を受けることによって、税法に属する科目の税理士試験の試験科目が免除される制度です。

本コースでは、税法の研究で修士の学位を取得することによって、税法に属する科目の試験科目の免除をめざします。