2014年度入学 修了生の声

和田早苗さん

和田早苗(2014年度入学)
株式会社TKC
営業本部 企業情報第二営業部
課長代理  

入学の動機

 職場においても人としても質が求められる年代になり、いまの体力(知識や経験)で走り続けることができるのか、満足のいくゴールができるのかと考えるようになりました。これからの経験をより価値あるものにするためにはどうすればよいかと考えていたとき、産業能率大学大学院に税務マネジメントコースが新設されることを知りました。
 私の勤務先は、事業目的のひとつに「会計事務所の職域防衛と運命打開」を掲げ、税務・会計に特化した情報サービスを行っています。マネジメントの理論や問題分析と解決の手法を習得するだけでなく、税務に関する専門知識を学ぶことで、日々、社会的責務を全うする税理士をより支援することができる人材となり、会社や社会に貢献したいと考え、産業能率大学大学院を選びました。


魅力的な授業

 特に印象に残っているのは、「職場のマネジメント」と「変革ファシリテーション」です。
 「職場のマネジメント」では、「トップよりも現場を知り、現場よりも経営を知る」立場から積極的に情報発信する独自の機能を担うとする“ミドル・マネジメント”を主体的に捉え、「課題形成」「課題共有」「問題解決」のプロセスを学びます。組織人としての自己探求であり、受講後も折に触れ立ち返ることが多い内容です。
 「変革ファシリテーション」では、AI組織開発手法によるファシリテーション・コミュニケーションスキルを学びます。課題の1つ「自組織における問題の現状認識」として、自分や自分の周りの人が普段どのようなことを考えて仕事しているかを絵に描いたのですが、A4用紙から描き始めた絵がA3用紙2枚にもなってしまい、自分がいかに多くの人の想いに囲まれて仕事しているかということをあらためて認識するよい機会になりました。

「税法演習(修士論文)」ゼミを通じて感じたこと

 税務マネジメントコースでは、税法に関することを題材に研究します。在学生の大半は税理士を目指していますが、当然、税務の専門家ではありません。自分が研究する題材について、法律や専門書、過去の裁判例や評釈等から学ぶことで、初めて自分の解釈や意見を見出すことができると思います。ですから、いかに多くの情報を収集し体系的に学び、そして研究できるかが重要です。ゼミでは、これをひとりで考えるのではなく、自分が研究したことを何度も発表し、議論を重ね、自分の考えをより明確にすることができます。ゼミを通じて、仕事やプライベートとも異なるかけがえのない仲間そして恩師と出会うことができました。

仕事と学生との両立

 自分の業務スケジュールをある程度捕捉できるようになるミドル世代であっても、自分の時間を確保するとなると難しいものです。社会人ですから大学院の講義も遅刻や欠席はご法度です。私は業務の予定と大学院の講義などを同じレベルでバーチカル手帳に記入し、数ヶ月単位でスケジュール管理していました。また、講義とは別に予習や課題提出のための時間も必要ですから、時間を捻出するため仕事の進めかたも変わりました。そのあたりは、マネジメントに関する講義で日々刺激を受けましたので効果覿面といったところでしょうか。