2013年度入学 修了生の声

今成 淳さん

今成 淳(2013年度入学)
株式会社フェローテック
人事部 部長代理  

入学の動機

 きっかけは会社の人事制度構築のコンサルティングを産業能率大学にお願いし、その際に窓口を担当させて頂いたことでした。この経験により体系的にマネジメントについて学びたいと思うようになり、当社のコンサルタントの先生のような実務家出身の先生が多いところで学べること、自組織の課題解決を最終目標とする実践的なカリキュラムを備えていることの2つが魅力的で、産業能率大学にお世話になろうと考えました。


魅力的な授業

 全ての授業で様々なことを得ることができましたが、その中でも特に印象に残っている授業は、「組織変革論」と「リーダーシップ論」です。
 組織変革論では、人事担当者として抱えていた悩みを解きほぐすような理論と事例を学ぶことができました。この授業は発言しやすい雰囲気で仲間との交流も深くなり、通学するのが楽しくなったのもこの頃でした。
 リーダーシップ論では、人事担当者として会社の人材育成への指針とすべきものを学べたことはもちろん、自分のこれからを支えるものは何か、鍛えるべきものは何かを見つめる良い機会を得ることができました。

「マネジメントに関する課題解決ゼミ」を通じて感じたこと

 会社も仕事もバラバラのメンバーが、自社の課題解決を目的に一斉に同じ取り組みをします。毎回メンバー全員の進捗状況発表を中心に進みますが、教授からの講義や指摘による導き、仲間の指摘や彼らの発表から得られる気づきにより、自分の頭が次第に整理されていくのがわかりました。課題への取り組みはもちろんですが、物事の整理の仕方をたたき込んで頂けたことも自分にとって大きな財産になったのではないかと思います。

仕事と学生との両立

 正直なところ時間はひねり出すしかありません。元々怠けがちな性分のため、なるべく平日の夜は終電間際まで会社を使わせてもらい、休日は図書館などを利用して課題に取り組んでいました。また通勤時間や会社の昼休みなどのちょっとした時間も本を読む、気付いたことをメモする・スマホに打ち込むというようなこともよくやっていました。自分にしては頑張った方かなと思いますが、それができたのも会社の理解があったことと、仲間と学ぶ時間が本当に楽しく、私にとってとても大切な時間だと思えたためです。