2012年度入学 修了生の声

高橋真人さん

高橋真人(2012年度入学)
アステラス製薬株式会社
プロダクトマーケティング部
シニアプロダクトマネージャー 

入学の動機

 私が産業能率大学大学院(MBA)への入学を希望した動機は、会社でのOJTや独学では、自分の成長に限界があると感じたからです。
 長い間、同じ会社や同じ業界の中にいると、そこでの考え方やルールが染みついてしまい、世の中の最先端を走っているヒトや企業に遅れてしまうのではないかという不安がありました。
 また、普段決して接する事のないさまざまな企業で活躍している方との異文化交流や他流試合的な要素も期待して入学いたしました。


魅力的な授業

 受講前の段階では、正直あまり興味のないものもありましたが、実際受講してみると、どの授業も自分にとっては大変有意義なものとなりました。そのような意味では、あまり好きな授業だけ受講するのではなく、幅広く勉強するのがいいのではないかと思っています。
 中でも特に印象が残っているのは「経営戦略」と「ブランディング」、「ファイナンス」の授業です。「経営戦略」では、企業を経営する上での重要な考え方や視点を学ぶ事ができ、「ブランディング」では、自分の専門とする分野をさらに強みとする事ができたのではないかと思っています。また「ファイナンス」では、自分のあまり知らない分野の知識を深める事ができ、今までとは違う視点で会社や業務を見る事ができるようになりました。

「マネジメントに関する課題解決ゼミ」を通じて感じたこと

 実際に所属する組織や業務に関する課題をゼミのテーマとしてリアルに取り上げる事で、自分の仕事や業務について、改めてしっかりと考える良い機会となりました。また、数人という少人数で、先生やゼミのメンバーと長い期間にわたり深い議論をする事ができ、良い勉強の機会となりました。

仕事と学生との両立

 私の場合、仕事との両立が一番の不安でした。仕事は平日が遅くまでかかるだけでなく、休日にも頻回に出勤があり、出張も多い仕事をしていたからです。これを乗り越えられたのは正直「ド根性」の一言です。しかし、どんなに忙しい局面にあっても、限られた時間の中で成果を出さなければいけないという事や、同じ目的をもった仲間と一緒に苦楽を共に過ごせた事は、かけがいのない経験になったのではないかと思っています。