学校法人 産業能率大学

創立者 上野陽一 -日本にマネジメントを導入した「能率の父」-

サイトトップ > 著作物

著作物

上野陽一が生涯に遺した著作物

本学の創立者上野陽一(1883~1957)は生涯を通じて、(1)研究と著作(2)講演と講義(3)養成と訓練(4)相談と指導(5)能率団体結成への尽力(6)学校教育といった形でその思想の普及活動につとめてきましたが、特に著作については大学卒業の前後から80冊を超える著編書や訳書を出版し、現在にその足跡を残しています。その中には大正時代に多くの師範学校で心理学の教科書として採用されたものや科学的管理法の開祖であるF.W.テーラーの思想を紹介したもの。産業の場だけではく、人間の生活全体が能率的でなくてはならないとする生活能率論を展開し、「能率道」の考え方を提唱したものなど多岐にわたります。以下にその著作物をご紹介します。

  発行年 書名 著編者・訳者 発行所
NO.1 1901 学校と社会 デューイ/著 上野陽一/訳 松村三邑堂
NO.2 1907 英語講義 上野陽一/著 語学速成研究所
NO.3 1909 実験心理学講義 上野陽一、 野上俊夫/共著 同文館
NO.4 1910 エンジェル機能主義心理学講義 エンジェル/著 上野陽一/訳 同文館
NO.5 1911 感情の論理 リボー/著 上野陽一/訳 目黒書店
NO.6 1913 心理学要領 上野陽一/著 大日本図書
NO.7 1914 心理学通義 上野陽一/著 大日本図書
NO.8 1916 学校児童精神検査法指針 上野陽一/著 中文館
NO.9 1918 商業心理講話 上野陽一/講述 早稲田大学出版部
NO.10 1919 人及ビ事業能率ノ心理 上野陽一/著 同文館
NO.11 1919 モイマン実験教育学綱要 モイマン/著 上野陽一、阿部重孝/共編 大日本図書
NO.12 1921 児童心理学精義 上野陽一/著 中文館
NO.13 1922 近世心理学史 上野陽一、野田信夫/共著 同文館
NO.14 1924 広告術 上野陽一/述 三省堂
NO.15 1925 能率学者の旅日記 上野陽一/著 プラトン社
NO.16 1926 産業能率講義要領 上野陽一/述 日本産業能率研究所
NO.17 1927 産業能率概論 上野陽一/著 同文館
NO.18 1927 生活と能率 上野陽一/著 同文館
NO.19 1928 事業統制論 上野陽一/著 同文館
NO.20 1929 事業統制図表 上野陽一/著 同文館
NO.21 1929 産業能率論 上野陽一/著 千倉書房
NO.22 1930 能率秘話 上野陽一/著 千倉書房
NO.23 1930 家庭経済の秘訣 上野陽一/著 千倉書房
NO.24 1930 教育能率の根本問題 上野陽一/著 賢文館
NO.25 1931 販売心理 上野陽一/著 千倉書房
NO.26 1931 心理学教科書 上野陽一/著 大日本図書
NO.27 1932 経営作戦 上野陽一/著 千倉書房
NO.28 1932 模範仕入販売法 ファイリーン/著 上野陽一/訳 同文館

PAGE TOP

学校法人 産業能率大学
Copyright(c), The SANNO Institute of Manegement. ALL rights reserved.