学部学科

初年次ゼミ

【初年次ゼミ】
大学での学び方を修得する。自分の力を把握し、強化する。大学生活の支柱となるゼミ活動

産業能率大学では、入学から2年次の前期まで全ての学生が、30人程度の初年次ゼミに所属します。
初年次ゼミで学生たちが学ぶことは、二つ。
一つはグループワークの方法や、PBLなど産業能率大学ならではの学び方を修得すること。
もう一つは、社会人基礎力の養成です。

さらに初年次ゼミは、共に学ぶ仲間を見つける、大学生活をデザインする場所としても機能しているのです。

専門ゼミは2年次の後期から始まります。2年生は前期が終わると所属する専門ゼミ選びの為の研究を始めます。

【初年次PBL】
初年次PBLは協働作業の実験場。自分の力を試し、自己理解を深め、その後につなげる。

1年次PBLはゼミ対抗のコンテンスト形式で3回行い、回を重ねるごとにレベルアップしていきます。
課題の提示→ゼミ内発表→最終発表という流れで毎回進められます。
●発想力を競う(第1回)
●マーケティング戦略を競う(第2回)
●発想力+発表力+戦略を競う(第3回)

アイデアを競う!

初年次最初の授業は一泊二日のオリエンテーションキャンプから始まります。初めて会った仲間と親交を深めるとともに、
チームでプロモーションプランを考えるPBLに挑戦。企業や地方自治体の方より与えられる本格的な課題に取り組みます。
経営学を学ぶ前からチームで力を合わせて課題に挑む。授業初日に産業能率大学独自の学習を体感します。

戦略を競う!

今年度もスタートした沖縄県石垣市とのコラボレーションプロジェクト。経営学部の学生たちは1年次から「どうしたら石垣島を訪れる観光客をやせるか?」というリアルな課題に挑みます。石垣市より提示された課題に各ゼミが挑み、7月上旬に全体発表会を行ないました。結果はいかに!