SANNO PBL

SANNO PBLとは

SANNO PBLとは?

PBL(Project Based Learning)とは、一般的に問題解決を目的にチームで知恵を出し合う学び方です。産業能率大学にも PBL方式を採用している授業はたくさんありますが、「SANNO PBL」は、一般的なPBLとは一線を画すもので、一定の条件を満たしPBLのみSANNO PBLと呼んでいます。
ここでは、その一部をご紹介します。

SANNO PBLのポイント

  POINT 1 
●企業や地方自治体など学外の方々とのコラボレーションがある。

  POINT 2 
●学生だけの力でゼロから作り上げる。

  POINT 3 
●現実の課題と立ち向かう。

例えばこんな科目がSANNO PBL!

「自由が丘イベントコラボレーション」

自由が丘商店街振興組合と一体となり、自由が丘三大祭り(スイーツフェスタ、女神まつり、Thanks Liberty Christmas Carol)を主催スタッフとして、イベントの企画から運営までを担当する。

「アーティストプロモーション」

ライブコンサートの開催をゴールに、プログラムの企画、アーティストのブッキング、コンサート会場の手配、広報、チケットの販売、協賛企業の獲得、コンサートの運営など、全ての業務を学生が行う。

「ブランドプロデュース」

世界的なスーパーパティシエ、辻口博啓氏とのコラボレーション授業。新しい地域ブランドの創造を目的に、辻口氏に商品企画を提案。商品企画からテスト販売までを行う中で、ブランドを作り上げプロセスを学ぶ。

「スポーツ企画プロジェクト」

横浜DeNAベイスターズとのコラボレーション授業。イースタンリーグ公式戦の観客動員アップをテーマに学生がイベントを企画し、運営を行う。

「イベントプロデュース」

日刊スポーツ新聞社とのタイアップ授業。小学生を対象にしたビーチバレーボール大会「SANNO CUP」の開催を目的に、イベントプロデュースのノウハウを学ぶ。当日の模様は、学生が新聞記事を書き、日刊スポーツ新聞に掲載される。