経営学部

マーケティング学科の特長

マーケティングで変える、自分、組織、未来!

2017年度、マーケティングは大きく変わりました。
ビジネスに広く求められるマーケティングの知識とスキルを修得し、
社会の変化に対応できる問題解決力、ビジネスセンス、実行力を身につける

マーケティング学科の学び

マーケティング学科では、理論と実践を繰り返し学び、実社会で直面する課題の発見と、解決できる力を身につけます。
ビジネスの現場で何が起こっているのかを実践を通じて知り、他者の交わりの中で、最適なマーケティング戦略を企画できる。
そんな知性と感性を磨く学科として、マーケティングを広く、深く掘り下げて学びます。

マーケティング学科 学びの特長

●マーケティングに特化した26科目が学べる
基礎理論から応用理論、実践、戦略研究、業界研究など、マーケティングの視点から学びます。

●アクティブラーニング
対話やディスカッション、プレゼンテーションなど能動的学修(アクティブラーニング)を殆どの授業で展開しています。

●プロジェクトベースドラーニング(PBL)
課題解決型の学習方法を導入しています。企業から与えられた課題の解決方法を立案し、提案します。

●実践型と理論の反復学習
フィールドワークなどの現場観察を通して課題を発見し、経営理論を活用し解決方法を考えるという組み合わせで科目が構成されています。

●ゼミによる専門教育
1年次よりPBLを通して、現実社会でのマーケティング知識の活用方法を学びます。