経営学部

グローバルコミュニケーションコース

グローバルコミュニケーションコースが本格始動します!

異文化を理解しグローバル社会を生き抜くためのマインドを学びます

英語を「話す力」「読む力」「聴く力」を強化することに重点を置いていますが、このコースの第一の目的は、グローバル社会の本質である、異文化を理解しバックグラウンドが異なる人々と協働できるリーダーの養成です。

コミュニケーションツールとしての「英語」

グローバル社会で使う英語の多くは、英語を母国語としない人々とのコミュニケーションです。つまり、必要なことを正しく伝えられる英語力があれば十分なのです。むしろ、文化や価値観が異なる人々を理解しながら、ビジネスを円滑に進められるリーダーシップが求められます。英語はあくまでもコミュニケーションのツールです。英語はやる気さえあれば必ず上達します。「英語」を使うことを恐れず、世界の中で活躍したいという意欲が何よりも大切なのです。

多様性を受け入れ、 共に進む力を育てたい

長い鎖国を経て、日本を世界に開こうと努力したリーダーたちは、必ずしも英語の達人だったわけではありません。また高度成長期時代に日本を世界有数の経済大国に育てた人たちも同様です。そうした人たちに共通していたのは、大きな目的を達成するという信念です。文化の違いを理解し、共に歩もうと思えたからこそ今の日本があるのです。過去の時代に比べれば、今の日本は先進国として大きなアドバンテージを持っています。国や言葉や宗教が違えば、文化、生活習慣や価値観が違って当たり前です。他者を理解するという広い心と姿勢で、変化を恐れずに前に進む。グローバル社会はそんな人材を求めているのです。

<身につくチカラ>

多様な価値観と触れながら、仕事をしたい。そのための英語力を磨きたい

(五味田幸希 栃木県立足利高等学校出身)

ビジネスの知識+グローバルマインド+英語力

英語は高校時代から好きな科目でした。でも英語以上に興味があるのは、文化や生活習慣、価値観の異なる人々と一緒に仕事をすることです。その意味で、ビジネスの知識とグローバルマインド、さらにビジネスで役立つ英語が同時に学べるこのコースは、理想的だと思いました。中でも最も興味深い授業は、「Presentation in English」です。

英語力とプレゼンテーション力の融合

産業能率大学では、1年次からあらゆる授業でプレゼンテーションを体験します。そうした経験から学んだのは、会話力とプレゼンテーション力は全く別物だということ。会話力があっても上手にプレゼンテーションができるとは限らない。それは英語も同じだと思います。ぜひ英語でカッコよくプレゼンテーションができるようになりたいですね。将来の就職の成功に向けてTOEIC®テストの高得点も狙っていきたいと思います。

グローバルコミュニケーションコース専門科目紹介