学部学科

現代マネジメント学科の特徴

ITやグローバル、常に変化する社会で
企業が成長するために必要なマネジメントの知識を養う

現代マネジメント学科の学び

企業の業績は、戦略の立て方、仕事の進め方、働く人のモチベーションなど様々な組織活動の影響を受けます。そしてこれらの組織活動をコントロールするのがマネジメントです。企業が成長するために不可欠なマネジメントの知識を、興味を入り口に学ぼうというのが現代マネジメント学科のアプローチです。

学びの特徴

※専門コースは2年次後期より:2年次前期選択

◇興味を入り口にマネジメントを学ぶ
マーケティング、スポーツ、ビューティ、フード、ホスピタリティ、コンテンツなど学生の興味を入り口に、ビジネスマネジメントを学びます。

◇アクティブラーニング
対話やディスカッション、プレゼンテーションなど能動的学修(アクティブラーニング)を殆どの授業で展開しています。

◇プロジェクトベースドラーニング(PBL)
課題解決型の学習方法を導入しています。
企業、プロスポーツチーム、そして、湘南キャンパスの在する地域の各団体からいただいた課題の解決方法を立案し、提案します。

◇実践と理論を交互に学ぶ
フィールドワークなどの現場観察を通して課題を発見し、本学部が提供するマネジメントの理論を活用し、解決方法を考えることができるように専門科目が編成されています。

◇1年次から4年次まで少人数ゼミで学ぶ
大学の学習方法の修得から就職支援、専門研究まで、少人数ゼミ体制で教員が学生をサポートします。