情報マネジメント学部 

コンテンツビジネスコース

映像、音楽、アニメ、イベント、ゲーム…。
人を楽しませるコンテンツとエンターテインメントビジネスについて学ぶ

映画、音楽、アニメ、ゲーム、イベントなど、人を楽しませるコンテンツを扱うことで、成功を収めるビジネスがあります。
国はクールジャパンと称してコンテンツビジネスの振興を国策として力を注いでおり、その市場規模からも日本の大事な産業となっています。現在では、日本で生まれた多くのコンテンツが世界中に輸出され、多くの人を楽しませています。
このコースでは、コンテンツビジネスの構造を理解するとともに、自らコンテンツプロデュースに携わることで、「人々を楽しませるビジネス」について体験から学んでいきます。また、コンテンツ業界への就職も視野に入れて学習を進めていきます。

授業名【コンテンツビジネスの実践】
湘南海外の名物イベント、Sunset Loungeの魅力を伝える映像を制作する

(池田 拓矢 神奈川県私立平塚学園高等学校出身)

Sunset Loungeの魅力を伝える映像を作る

湘南海岸では、毎年5月と10月にSunset Loungeという音楽イベントが開催されます。イベントは、Freedom Sunset Productionというプロデューサー集団が手がけており、毎回1,000人を超える観客で賑わいます。私たちは、このイベントの魅力を伝える映像制作に取り組みました。

コンセプト、シナリオづくりがコンテンツ制作のキーになる

企画段階で考えたのは、単なる紹介映像にはしたくないということでした。湘南の美しい夕日と心地よい音楽を演奏者と観客が一体となって楽しむ。イベントの魅力であるフレンドリーかつ自由な雰囲気を伝えたいと思いました。たどり着いたアイデアは、出演するDJやアーティストのインタビュー映像をメインコンテンツにすることでした。また老若男女が楽しんでいる様子を積極的に映像に盛り込みました。作品を通して何を伝えたいのか?人を惹きつけるコンテンツには、明確なコンセプトとシナリオがある。そのことをこのプロジェクトから学びました。
この授業では、企業に提案した企画が通って実現するというチャンスもあるので、企画立案に興味のある人はオススメの授業です!

コンテンツビジネスコース専門科目紹介

 2年次専門科目

■ コンテンツビジネス入門
■ エンターテインメントビジネス講座

■ コンテンツプロデュース

短時間のワークを繰り返し行うことで、アイデア(手段)創出に必要な「やわらか頭」を作ります。その上で、アイデアを企画に落とし込む能力を鍛えます。企画に必要な知識を学び、演習で知識を実践し、知恵に転換します。

 3・4年次専門科目

■ コンテンツ企画演習
■ デジタル文化とコンテンツ

■ コンテンツビジネスマネジメント

コンテンツ産業の黎明期は終わり、新たなマネジメントが求められる局面に入っています。プロデューサーとビジネスモデルという2つの重要ポイントから、目指すべきゴールである最前線の様子を紹介します。「コンテンツビジネスの本質」について考察を行います。

■ コンテンツ資産のライツマネジメント

コンテンツビジネスの振興のためには、完成したコンテンツをさまざまなメディアで流通させ、利益を還元し、「創造のサイクル」を形作ることが必要です。コンテンツビジネスを支える知的財産権に関する法律・権利関係などを学びます。