SANNOの学び

学生発!アクティブレポート

自由が丘イベントコラボレーション スイーツフェスタ編

流行を生む街「自由が丘」で学生も一緒にまちづくりに取組んでいます!

自由が丘イベントコラボレーションの授業では、産業能率大学の地元である自由が丘商店街振興組合が実施する大きなイベント(スイーツフェスタ、女神祭り、クリスマスイベント)に学生が運営スタッフとして関わり、イベントの企画、関係者との交渉、当日の進行・運営、活動の振り返りに至るまで体験的に学ぶことが出来ます。
様々なイノベーションを行ってきた自由が丘で産業能率大学の学生も貴重な戦力として一緒にまちづくりに取組んでいます。
今回は、新学期が始まって最初に開催されるイベント『スイーツフェスタ』の当日の様子をレポートします!

産業能率大学の出店ブース一覧

【ゼミブース①】
倉田ゼミでは十勝産ジャガイモでじゃがバターを販売!

【ゼミブース②】
岩井ゼミでは、茨城県かすみがうら市の特産品であるれんこん、イチゴを販売しました

【ゼミブース③】
高原ゼミ・松尾ゼミは沖縄県石垣島の特産品を紹介!
希少な石垣産珈琲の試飲や石垣パインの試食を提供しました

学生達が一生懸命呼び込みをしてます!

オカリナのペイント体験では、参加者の子供も大喜び♪

街の案内人「セザンジュ」も自由が丘駅前でお出迎え

街でもセザンジュが活躍しています

元気な笑顔で試食の呼びかけを行いました!

イベントの運営成功に向けて、学生スタッフ同士で打合せ

学生発!アクティブレポーター

伊藤志帆 経営学部 現代ビジネス学科

学生統括としてスイーツフェスタに関わる中で一番意識したことは「学生が安心して企画を進めやすい場をつくること」と、「イベントコラボレーションという授業、組織をより発展させる」ということです。
この両方にとってプラスになるよう準備を進めていく中で、色々な方々との交流があり、沢山の価値観や言葉に触れることが出来ました。
そのひとつひとつを吸収し、自分の言葉で伝えられるよう成長したことで、学年、世代関わらず、周りを巻き込んで大きな力を作ることが出来ました。