SANNOの学び

学生発!アクティブレポート

MC、レポーター体験

望めばチャンスは与えられる
番組レポーター、イベントMCを務めました

きっかけはゼミ発表会。人前で話す面白さを知った

産業能率大学マーケティング学科では、年に2回、ゼミの活動報告会があります。私は3年次前期発表会で、小々馬ゼミを代表して活動報告を行いました。発表のやり方は自由。多くのゼミはチームのメンバーが交代で発表をしていましたが、小々馬ゼミの発表者は私一人。嫌でも注目が集まる緊張とプレッシャーの中で、「伝える」という大役を果たせたことが、私の自信につながりました。そして人前で話す楽しさを知ることになりました。

学生レポーターとしてCS放送のマーケット・経済専門番組に出演

私がプレゼンテーションをやり遂げた姿を見て、ゼミの小々馬先生が新たなチャレンジの機会を用意してくれました。プロの話し手のスキルを学ぶ、トークアカデミーを紹介してくださったのです。アカデミーでは、MCやレポーターとしての話し方を学びました。さらに学んだ成果を活かすために、経済専門チャンネルCNBCの番組「Kトレ(経済トレンド)」で番組リポーターとして出演しています。

世界の広告業界が注目するイベント Advertising Week AsiaでMCを体験

2016年5月には、日本で初めて開催されたAdvertising Week AsiaでMCも体験しました。Adverting weekとは広告業界で活躍するマーケッター、メディア関係者やクリエーターたちが集う広告普及を目的したイベントです。Advertising Weekはニューヨークやロンドンでは恒例化しているイベントで、アジアで初めての開催地として選ばれたのが東京でした。イベントには、有名、著名人をゲストに迎えたトークセッションもありました。その中で私は、二つのトークセッションでMCを担当しました。大勢の観客を前に、有名人を相手に行うインタビューは、とても緊張しました。それでもこれまでの経験が支えとなり、自分でも驚くほど冷静に受け答えができました。将来は広告プロモーションに関わる仕事、人前で話す仕事など色々な可能性にチャレンジしたいと思っています。

学生発!アクティブレポート レポーター

小々馬ゼミ 
レポーター、イベントMCを体験
黒川千咲季 経営学部マーケティング学科