SANNOの学び

学生発!アクティブレポート

入学式

新入生にとって初めての行事「入学式」を様子をお伝えします。

2016年4月4日(月)横浜みなとみらい「神奈川県民ホール」にて、産業能率大学 入学式が行われました。当日は、大学入学を楽しみにした新入生の笑顔が目立ち、会場全体が明るい雰囲気につつまれました。 入学式第Ⅰ部は式典、第Ⅱ部では、在学生が主体となって創る入学式。その様子を写真でお伝えいたします。

あちらこちらでフレッシュな笑顔が咲いていました。

受付では、自由が丘コンシェルジュのセザンジュがお迎え

会場は2階席、3階席まで明るい雰囲気につつまれました。

新入生に向けて先輩学生が創り紹介する!入学式第Ⅱ部の様子

司会は、経営学部3年小林さんと、情報マネジメント学部3年池田くんが務めました。

1年次の学び「基礎ゼミ」
経験した先輩がトークセッション

自由が丘マスコットキャラクター"ホイップるんくん""ホイップるちゃん"も新入生のために駆けつけました。

本学学生で「湘南ベルマーレ スタジアムアシスタントナビゲーター」を務める押久保さん(写真左)これも学びの一環で取り組む活動です。

笑いあり、驚きありの楽しい雰囲気でした。

入学後、楽しみなクラブ・サークルも学生が紹介!

入学式第Ⅱ部 レポーター

小林由佳 経営学部現代ビジネス学科

私は、この総合司会の体験を通して「成長」と「チーム意識」を感じました。約2,000人の前での第一声はとても緊張しました。2年間の大学での経験から、こんな大勢の前で話すことができるという“自信”から「成長」を実感しました。また、新入生のために自分たちの手でゼロから創りあげるステージは想像以上に大変でした。何がいいか、学生同士で考え、意見をぶつけ合うことも。当日は、総合司会として“流れ”を大切にしていました。「チームだからできた」この力を実感しています。

池田拓矢 情報マネジメント学部現代マネジメント学科

昨年に引き続き2回目の入学式第Ⅱ部プロデュース。現状維持じゃつまらない、超えて当たり前のプレッシャーの中、シズル感たっぷりに伝えることをポイントに作り上げました。
各自の役割からのアイディア出しに、次に待ち受けるのは意見のぶつけ合い。
“妥協”の文字は捨てて、“共創”のみを全体で共有。常に聴衆の“耳”と“目”を刺激したつもりです。モノを作り上げること、意外と好きな自分も発見!