SANNOの学び

学生発!アクティブレポート

スポーツ企画プロジェクト

プロ野球イースタン・リーグ公式戦のイベントをプロデュース!
SHONAN COOL FESを開催

梅雨の合間の好天に恵まれた、まさにCOOLを楽しめる日

6月28日(日)「バッティングパレス相石スタジアムひらつか」で開催されたイースタン・リーグ公式戦、横浜DeNAベイスターズ VS 千葉ロッテマリーンズ戦は、好天に恵まれ、多くの来場者でにぎわいました。コアなファンが集うイースタン・リーグ戦に華を添えたのが、学生たちが企画したイベントの数々です。SHONAN COOL FESと名付けられたこのイベントには、「涼む」をテーマにした様々な工夫がありました。

人気イベント「ストラックアウト」を水風船で

野球好きファンに人気の高いイベントに、9つの的を目がけてボールを投げてパネルを打ち抜く「ストラックアウト」がありますが、今年はCOOL FESにちなんで、ボールではなく水風船を使用しました。その他にも水袋を豪快に割る「COOLパンチ」や的をめがけて水鉄砲を発射する「COOLガン」など、オリジナルなイベントの数々に会場に来ていた子供たちは大興奮でした。

外野席でピクニック。スタンドに雪が舞う

また外野席をピクニック風に開放し、ヨーヨー釣りのイベントを開催しました。さらに内野席では、降雪機を使用。夏に雪を降らせるという大技にもチャレンジ。グラウンドでは、イベントの協力者である平塚学園高校チアダンス部や産業能率大学ダンスサークルSDCによるダンスなど、盛りだくさんのイベントでファンを盛り上げました。果たして試合の結果は?産業能率大学と共同で授業を創っている横浜DeNAベイスターズが見事に勝利をおさめました!

イベントは事前準備が鍵を握る

イベント当日は大きなトラブルもなく、スムーズでした。それも、事前準備がしっかりできたからだと思います。しかしながら、そこまでの道のりは、決して平坦ではありませんでした。ゼロからのスタート、2ヶ月という短い準備期間、履修者55名という大所帯は、簡単にはまとまりません。決め手は担当部署をいくつかにわけ、それぞれにリーダーを置いたことでした。授業内で情報を共有し、翌週までに活動報告をする。授業外でどこまで動けるかが勝負でした。イベント開催が表の仕事だとすれば、マネジメントが裏の仕事。裏の仕事の重要性を実感できた貴重な体験でした。

学生発!アクティブレポート レポーター

植田大輝 情報マネジメント学部現代マネジメント学科
早川明里 情報マネジメント学部現代マネジメント学科