キャリアサポート

SANNO Voice ~内定者の声~

経営学部 現代ビジネス学科(経営学科) 4年 
小沢 敬介

内定先:株式会社そごう・西武
出身校:神奈川県私立横浜商科大学高等学校出身

アパレル業界を目指して
役立つコトを一途に実践

「入社後研修」のような4年間の学び体験

 中学生の頃から、一番好きなものは?と聞かれたら「ファッション!」と答えていました。雑誌を読みながら自分なりに研究し、気づけば大学に進学する前からアパレル業界で働くことを希望していました。ちなみに趣味はずっと、靴磨きです。「いいモノを、長く使うために、育てる」という、ファッションと向き合う自分のスタンスが培われた原体験でもあり、企業面接での自己紹介でも話しました。
 産業能率大学を選んで良かったと思うのは、自分の希望を叶えるために役立つ学び体験をたくさん積めたことです。たとえば、ショップビジネスユニット科目「フィールドリサーチ 入りやすい店・売れる店」での仮想店舗づくりです。趣味と実益を兼ねて「靴磨きショップ」のプランニングに取り組みました。出店や店舗拡大における実務力だけではなく、プランの根拠を論理的に説明する力や、さまざまな意見を集約する力もグループワークを通じて身についたという実感があります。また、「コーチングスキル養成講座」は、店舗での接客販売に役立つ実践的な科目でした。お客様の嗜好やニーズを把握する上で欠かせない、問いかけ・傾聴・フィードバックという基本スキルを習得できたからです。

ゼミで得た「つながり」も、就活の強い味方に

 そして、「武内ゼミ」に所属したことで目標に大きく近づけたと思います。衣・食・住・空間などに関わる業界・企業を中心に研究やPBLを行うゼミで、アバレル業界に就職した先輩が多いことも特長です。交流できる機会もあり、業界の動向や企業の最新情報を質問したり、進路の相談にものっていただきました。ゼミを通して志望する業界の方とつながりを得られることも、産業能率大学で学ぶ魅力だと思います。
 就職活動を本格化させたのは3年次の夏で、まずは百貨店やアパレルメーカーでの「インターンシップ」に参加しました。そして5社にエントリーし、うち3社から内定をいただくことができました。株式会社そごう・西武を選んだのは、自分が歩みたいキャリアを歩める企業だと思ったからです。まずは店舗での接客販売で現場やお客様を知り、その後は紳士服のバイヤーや、モードの発信地であるイタリア・フランス・ニューヨークなどでの海外赴任も経験し、最終的にはマネジメント力で経営をリードする一人になれたらと考えています。
 就職活動を成功させるためのアドバイスとしては、「やりたいことをできるだけ早く決めること」に尽きると思います。そうすれば、希望を叶えるために早くアクションを起こせますし、自分に足りないスキルを身につけられる教育プログラムが産業能率大学には揃っているので安心です。