キャリアサポート

SANNO Voice ~内定者の声~

経営学部 現代ビジネス学科 4年 
西木 沙織

内定先:エイベックス株式会社(英文:Avex Inc.)
出身校:神奈川県横浜市立戸塚高等学校

「私らしさ」=「企業理念」。 それが就職活動の軸でした。

10年来の夢を叶えるにはこの大学しかない

「エンターテインメント業界で社会貢献をしたい」10年来の夢を叶えるために経営学を学びたい。数多くある大学を見学しましたが、“実践的な経営学”を学ぶなら産業能率大学しかないと思い入学しました。
まるで社会人のように実企業の問題に取り組む授業は私の想像を超えていました。
特に「自由が丘イベントコラボレーション」では、学生達が中心となって様々な企画を実現させています。自由が丘商店街振興組合の方々はもちろん、協賛企業の方々も学生を信頼して多くの事を任せてくださっています。その過程では本気のプレゼンテーションが行われます。自分のアイディアばかり先走るのではなく、体験して頂くお客様や協賛者の“心”をも動かすことが大切だと学びました。

逆転発想で不可能を可能にする

 大学1年次には、約2週間の海外語学研修(カナダ)に参加。語学を海外で身につけることにも興味が沸きました。長期海外留学にも挑戦したいと思っていましたが、経済的・時間的に余裕がなかったため断念しました。しかし、国際交流は諦めきれず、「私が海外に行けないなら、外国人に来日してもらえばいい」と考えました。これが私の逆転発想です。ゼロからのスタートでしたが、SNSで日本のエンタメを英語で発信するビデオを投稿してみました。すると驚くことに、海外の学生と繋がることが出来た上に、私自身に興味を持って数回来日してくれました。彼女たちとは今でも国際郵便でギフトを送り合うなど、実質海外に行かなくても深い絆を築くことができました。このような挑戦をする人間に成長させてくれた先生方、友達、そして産業能率大学に心から感謝しています。

チャンスは自ら門を叩き、自分で作るもの

就職活動では、本当に多くの方に支えて頂きました。特に谷口先生に大変お世話になりました。谷口先生は前職でエイベックス・グループの関連会社の社長を務めておられた、エンターテインメント業界のスペシャリストです。その業界への就職を希望していた私は、アドバイスを求めて谷口先生を訪ねました。ゼミ生でもない学生である私に対して谷口先生は、快く話を聞いてくださり、そのうえエンターテインメント業界への就職を希望する学生を集め“谷口塾”を作り、業界の勉強会を開催してくださいました。これも自分から門を叩かなければ実現しなかったことです。
 就職活動の際は、「私らしさ」と「企業理念」の“合致”にこだわりました。正直に自分の考えや表現を示して、認めて頂く。敬信する企業理念の下で挑戦的な仕事をする。そうすれば、きっと活き活きとした毎日を過ごしながら、次の夢を追いかけられると思ったからです。
社会人になっても産業能率大学で教わった能動的な姿勢を忘れず、エンターテインメントの新しい可能性を切り拓いていきたいです。