キャリア支援

アカデミックアドバイザー

アカデミックアドバイザー制度

アカデミック・アドバイザー制度とは、担当教員が、学生一人ひとりに対し、入学から卒業まで学習全般の指導、助言および相談を行い、効果的な学習を支援することを目的に設置されました。
教員は、週3回の固定の時間には必ず研究室に在室し、学生の来訪を受け入れる体制も整えられています。

アカデミックアドバイザーの役割

《履修登録に関する指導》
履修の登録については、学生本人の希望を優先しますが、キャリアプラン等を勘案し出来るだけ高い学習効果が得られるよう指導・助言を行います。

《学習に関する指導》
履修登録に関する指導や成績不振学生に対する指導とは別に担当している全学生と各学期の授業期間中に少なくとも1回は面談し、学習に関する指導・助言を行います。履修登録終了後も学生の学習状況を確認し、学習面のアドバイスを行います。

《成績不振学生に対する指導》
当該学期の修得単位数が10単位以下またはGPAが1.5未満の学生に対し、個別に指導を行います