キャリア支援

インターンシップ体験談

自分の将来と真剣に向き合うために、
現場をじっくり観察する

原 茉奈美
茨城県立水戸桜ノ牧高等学校出身

実習先:渋谷 エクセルホテル東急

親切丁寧な接客態度、凛とした雰囲気、子供の頃からホテルは憧れの職場でした。私にとってインターンシップの履修は、将来の進路を考えるうえで重要でした。実習体験の時期が、夏休み期間中であったことにも意味がありました。本当の忙しさを体験できたからです。普段私たちが目にするホテルの仕事は、フロント業務を中心とした表面的な部分です。しかし実際は、事務、企画・マーケティング、レストラン、カフェ、ルームキーピング... 、さまざまな仕事が、表の業務を支えているのです。見える部分だけが仕事ではないと、改めて実感できました。また実習を通して、自分に足りないスキルに気づくこともできました。現在のホテルはインバウンド需要で、多くの外国人客が利用しています。英会話力は必須スキルだと思いました。残りの2年間は、英会話スキルを磨き、憧れであるホテルへの就職を実現させたいです。

仕事を支えているのは、 人脈や情報ネットワークでした

中村 拓史
神奈川県私立横浜高等学校出身

実習先:一般社団法人 秦野市観光協会

少しでも早く現実社会を見て、将来に備えたい。それが、インターンシップを履修した理由です。実習先である秦野市観光協会は、秦野市の魅力を広く多くの人に知ってもらうために、情報提供、広報活動を行っています。実習では、Webサイトに掲載する情報収集や地域イベントの運営を体験しました。企業活動とは違う公共の仕事は、とても新鮮に感じました。印象的だったのは、協会の方々の人脈と情報ネットワークの広さでした。「今度のイベントは○○さんにお願いしよう!」といろいろな人たちと連絡を取り合いながら、次々とイベントの内容が決定していくのです。学生時代の人脈といえば、友人関係が主です。情報収集についても、ただ大学生活を過ごすだけでは新しいものは得られません。必要な情報は外にある。外の世界に興味を持ち、積極的に動く。最近心がけていることです。

私たちは、企業のことをほとんど知らない。
そんな気づきと企業を見る目を養うことができました。

板垣 香名子
東京都立狛江高校出身

実習先: ロイヤルホールディングス株式会社

実習を始めるまでは、ロイヤルホールディングスといえばファミリーレストラン、ロイヤルホストという認識しかありませんでした。しかし企業研修をするうちに、ロイヤルホストは会社の一事業でしかないことを知りました。企業実習では、新しい店舗企画を考えるという課題が与えられ、最初の1週間は、同社が経営するさまざまなレストランや工場を訪問し、現場体験をしながら情報収集を行いました。職場見学をするなかで特に印象深かったのが、それぞれの店舗や部署で働く方々全員が、高い経営者意識を持っているということでした。お客様に良いサービスを提供し続けつつ、店舗の利益を確保するための方法も考える。日々さまざまな問題に直面し、課題解決に力を注いでいるように思えました。私たちは大学で、企業財務、経理、マネジメント、マーケティング、リーダーシップなど経営学の理論をいろいろな角度から学んでいます。その理由が、実習に参加することで理解できました。また、普段私たちから見えている企業の姿は、全体の事業の中のほんの一部でしかないということもわかりました。企業を見る目を養えた貴重な体験でした。

企業人として働くとは?自分に必要な力とは?
社会に出る前に、準備を進めたいと思います

王 中澤
東京都立砂川高校出身

実習先: 東横化学株式会社

私がインターンシップに参加した理由は、企業で働くというイメージを持ちたかったからです。普段のアルバイトと会社で働くのとは何が違うのか?実習を通して体験したいと思いました。特に東横化学はガスプラントなどを扱うメーカーで、私たち一般消費者が同社の商品に直接触れる機会はほとんどありません。インターンシップは、企業組織や仕事、ビジネスのしくみを知る貴重な体験となりました。率直な感想は、企業で働くことはとても大変だということです。実習では事務の補助をさせていただきましたが、不慣れなことばかりで毎日が緊張の連続。家に帰ると何もできないほど疲れていました。特に社会人としての立ち居振る舞いやビジネスマナーなどには、神経を使いました。それは社会人としてのスキル不足に気づくことでもありました。しかし同時に社会人として働く覚悟もできました。大学生活の残りの2年間は、実習で感じた不足を踏まえて、将来に向けて自分を鍛える時間にしたいと思います。

お店の導線一つで、ショップの売り上げは大きく変わる。
経営における効率の重要性を体感することができました

笹崚真
神奈川県私立向上高校出身

実習先:株式会社CFSコーポレーション (2013年実習)

全国で300店以上のドラッグストアを運営するのが、HACドラッグでおなじみの株式会社CFSコーポレーションです。同社はインターンシップに力を入れており、参加する学生たちに経営について考える機会を与えてくれます。実習の前半は事業の内容や流通システム、ビジネスの構造を学び、後半では複数の店舗を見学、違いについて観察しました。最後は一緒に実習に参加していた他大学の学生とともに経営改善のための提案を行いました。産業能率大学の学生の強みは、2年生であってもすでに経営の基礎知識が身についていることだと思いました。現場を見ても知識がなければ、何を観察すればいいのかがわからない。グループワークの際にリーダーシップを取れたのは、いい経験になりました。

立地や顧客層によって店舗経営は異なる 小さな気づきが売り上げを左右する

複数の店舗を見学して驚いたことは、お店全体の作りは同じでも、商品の並び方や店内の導線の作り方は店舗によって少しずつ違うということです。たとえば、家族客が多い駅前店は、棚が子どもの目線に合うように低めに設置されていました。また、富裕層が多い地区では、洗剤の品揃えも詰め替え型よりも容器型を多く揃えていました。また、目的の商品にたどり着くまでにいかに他の商品に も関心を持たせるかが導線の設計にかかっています。私たちがふだん何気なく利用しているドラッグストアもじっくり観察することで、色々な工夫を発見することができます。小さな工夫の積み重ねが売り上げアップにつながる。店舗経営の面白さが実感できた、貴重な体験となりました。

求められたのは、主体性。 今の自分の実力を試す絶好の機会になりました

藤田 杏奈
神奈川県横須賀市立横須賀総合高校出身

実習先:株式会社ユーグレナ(2013年実習)

初日に会社の概要説明と商品の課題の説明を受け、翌日から実習が始まりました。課題は、ユーグレナバーという商品の販売促進用POPをつくること。「まず、やってみようか!」と指示をいただいたものの、私はPOPの意味さえわかりません。忙しい社員の方々の邪魔をしたくないという気持ちもありましたので、まずは自分で調べてみることに。POPの意味、用途やカタチまで、自分なりに色々と調べたことで、知識が自分のなかに吸収されていく感覚がありました。また、予備知識があることで要点を絞って質問することができました。あとから気づいたことですが、ユーグレナの方々は実習を通して情報アウトプットの方法と自己マネジメントについて考える機会を与えて下さったのです。

きれいなPOPよりも 効果的なPOPをつくることが重要

ちなみにPOPとは、商品とともに飾られている販売促進用の装飾物です。パソコンが好きな私は、制作ソフトを使い、まずは見た目にもきれいなPOPをつくりました。社員の方々に感想を伺ってみたところ、「それで本当に売れるかな?」、「現場はちゃんと見た?」という反応が返ってきました。さっそく現場観察に出かけ、気づくことがありました。商品を買ってくれるのは消費者ですから、見た目よりも買う人の気持ちが大事だったのです。この気づきをもとに買う人をイメージして、温かさや見やすさ、必要情報の掲載などを考慮し、POPをつくり直しました。また掲示場所についての提案も加えました。結果を出すために優先するべきこと。働くことや仕事の本質について考えさせられた貴重な体験でした。

自分を変えるきっかけになった

小野 緑里
千葉県松戸市立松戸高校出身

実習先:渋谷エクセルホテル東急 (2013年実習)

客室のベットメイキング、フロント業務、ラウンジサービスなど、ホテル業務を一通り経験しました。仕事は想像以上に厳しく、肉体的にも精神的にもきつかった。特に接客は極度の緊張から、何度もあきらめそうになりました。それでも最後は開き直って、自分なりに頑張ることができました。逃げなければなんとかなる。新しい自分を発見できました。

英語の必要性を感じました

木村咲
新潟県立江南高校出身

実習先:オリエント時計株式会社 (2013年実習)

国産の時計メーカーだからといって、全てが国内で完結しているわけではない。実習を通して教えていただきました。部品の調達や取引先も広く世界に広がっています。社員の方が何度も英語で電話しているのを聴き、仕事のグローバル化を実感しました。残りの2年間を使って、英語力の向上を心に誓いました。

自分の“やりたい気持ち”を確認したかった

伊藤 航佑
神奈川県私立武相高校出身

実習先:スポーツスパ アスリエ (2013年実習)

子どもの頃から水泳をやっていたので、スポーツインストラクターの仕事にずっと憧れていました。現場を体験して自分の気持ちを確かめるというのが、実習の目的でした。そして感じたのが、スポーツが好きという動機だけでは勤まらないということです。相手の立場で考えられるか、細かいところまで気を配れるか。僕には、やりがいのある仕事だと思えました。