アクティブラーニングでできる100のコト

「将来は本を作りたい」入学前から思い描いていた夢です。2年次には雑誌づくりを学ぶ「エディター養成講座」を履修しました。写真に興味を持ち、自ら写真同好会を立ち上げ、自由が丘のカメラ店とタイアップして写真展を開きました。授業では3年間を通してマーケティングを学んでいます。今までの“わたし”を総動員して「本を作る」。そんな夢がゼミで実現しました。

ゼミの先生に相談し、仲間を募り、制作費用を計算し、出版プロジェクトはスタートしました。IT技術の発展により立派な本が安価で作れることがわかりました。出版社を通さずに販売できることもわかりました。環境は整いました。

夢が膨らんだのもつかの間、実際に本の制作に取り掛かると、いくつもの壁にぶつかりました。テーマは「マーケティング」と決まっていましたが、関連の書籍は数え切れないほどあります。私たちにしか伝えられないマーケティングの視点ってなんだろう、夢に見るほど悩みました。また、構成と役割分担も大きな課題でした。どんな章立てを行うのか?調査はどのように実施?どんな方を取材?誰が記事を書く?といった諸々が数え切れないほど出てきました。5月からプロジェクトをスタートさせましたが、夏休みは返上、何度も徹夜を重ね、完成まで6ヶ月を費やしました。

本の出版を通して多くの方々にお世話になりました。マーケティングの知識も改めて学び直すことになりました。論理的に考える、そして文章を書く、その重要性にも気づきました。そして私たちの熱意が詰まった本ができました。Amazonで販売します。よかったらぜひお手にとって下さい。

経営学部
マーケティング学科
さいたま市立大宮西高校出身
中野 さやか