アクティブラーニングでできる100のコト

産能大の電車とかの広告、見たことありますか?

洗練されてないコピーとプロっぽくないデザインをコンセプトにw
もう6年以上も担当させてもらってます。

内緒ですけど、他学の広告も手がけてます。でも、授業に参加したり、イベントにお邪魔したり、飲み会に混ぜてもらったり、学生さんたちと触れ合いながら広告をつくれる喜びは産能大さんでしか味わえないですね。

産能大のみんなは僕みたいな外部のおじさんにバリアを張ることがなくて、広告に対する意見をもらう時にも感じたところを(時にはイタタな意見も!)素直に口にしてくれるから、本当にありがたいです。

アクティブラーニングって、「感じる能力」と「立場なんて関係ない的なコミュニケーション能力」あってのものだと思います。

そういうのを遠慮なく出しちゃっていいよっていう産能大の雰囲気を受験生にそのまま伝えるのが使命と思って、普通のよくある大学みたいのじゃない広告をせっせとつくっています。

らしくないことをすれば批判の声も当然あがります。でも、誰にも批判されにくい無難なことはしちゃダメだって、産能大の学生さんたちと触れ合うたびに気持ちは前向きになりますね。

モダンレーベル株式会社
クリエイティブディレクター
コピーライター
館 隆裕