アクティブラーニングでできる100のコト

生まれて初めての海外生活は、フィリピン・セブ島のリゾートホテルで1ヶ月間の実習体験を行うインターンシップでした。

最初の1週間で英語を学び、2週間目からはさっそく実習スタートです。水だけのシャワー、食生活の違い、英語しか通じない職場。想像以上のインパクトがありました。

現地スタッフとのコミュニケーションにも苦労しました。わからないことがあれば、自分から聞く、困ったことがあれば、何が問題かをはっきりと言う。自己主張ができなければ何も始まりません。

カルチャーショックと戦いながらの1ヶ月は、気が休まる日がありませんでした。思い出すのは、辛かったことばかりです。

しかしそれは、愛おしい思い出でもあります。必死になれば言葉だって通じるし、仕事だってできる。やりきった自分が嬉しい。今は、清々しい達成感で満たされています。

経営学部
現代ビジネス学科
埼玉県さいたま市立大宮西高校出身
小川 七海